11th 花葬

花葬 花葬
98年7月8日
シングル3作同時発売の1作。「HONEY」同様にC/W無し、カラオケ無しの完全1曲入りでジャケットも似たようなアートワークになっている。元々は「HONEY」のC/W予定だったという話も。

3作の中では3番目で初登場4位。初動50万枚突破での4位は4位の初動売上最高記録となっている。2週目に2作が1位2位に浮上したのに対して6位にランクダウン。3週目までは「浸食~lose control~」を下回り、最大で4万枚程度の売上差となっていたが、4週目には順位が逆転。5週目に「浸食~lose control~」がトップ10落ちして下がっていく中で売上差も逆転。7週トップ10に居座るロングヒットを記録して「HONEY」に続いてミリオンヒットを記録した。これに伴い初登場時では1位だったB’zを3作中2作で上回った。




花葬

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:L’Arc~en~Ciel+岡野ハジメ
死をテーマにした歌詞もインパクトが強いが、視覚的にもPVでの眉毛無し銀髪オールバック姿のhydeのインパクトが物凄かった。死が今よりも圧倒的に遠かった中2当時、”瞳開けたまま腐食してゆく身体”とか”死んだ世界”とか歌われる世界観はホラーの域で恐怖にも似た感触を抱いたが、同時にファルセット連発の歌唱も相まって美しさも感じるような不思議な感触を憶えた。ラルクにしかできないような独特の世界観が存分に発揮された楽曲だと思う。
★★★★☆
7thアルバム『ray
3rdベスト『The Best of L’Arc-en-Ciel 1998-2000
5thベスト『QUADRINITY~MEMBER’S BEST SELECTIONS~
7thベスト『TWENITY 1997-1999

コメントを残す