Tourbillon シングル回顧~2005-2016~

04年の河村隆一ソロで葉山拓亮をアレンジャー兼作家として招いて以降、河村隆一ソロにおいて葉山拓亮は欠かせない人物となった。その翌年05年に結成が発表されたTourbillonは河村隆一葉山拓亮、そして河村隆一とLUNA SEA時代の同僚であるINORANの3人で結成された。Toubillonにおいては河村隆一ではなくLUNA SEAで使用していたRYUICHI名義を復活させ、葉山拓亮はH.Hayama、INORANはそのままINORANとなっている。

LUNA SEAとソロの差別化を図るためにソロではロック調に思えるような曲もほとんどやってこなかった河村隆一は04年のソロではロック調の楽曲もやるようになっていたが、このTourbillonにおいてはさらにロックを開放して、LUNA SEAとはまた異なる大人のロックとして大々的に活動を開始した。

当時の河村隆一はコロムビア、INORANはキングレコードでソロ作品を出していたが、葉山拓亮がD-LOOPで活動していた頃に在籍していたエイベックスからのデビューとなった。後に河村隆一もエイベックスへ移動し、復活したLUNA SEAもエイベックスから新作をリリースしたがこちらはすぐに元のユニバーサルへ戻っている。LUNA SEA終幕以来、初めてメンバー同士が新たなバンド(ユニット)を結成するという事で、当時の3人それぞれの活動よりも大きな話題となり、プロマーシャルなる造語まで使って大々的にデビューした…もののシングルもアルバムもトップ10手前の位置に留まり、大きなヒットには恵まれなかった。

05年と06年の2年間活動してシングル4枚、アルバム2枚をリリース後は08年にライダータイアップでの楽曲に参加したのみとなり、自然消滅状態となった。ただし河村隆一ソロにおいて葉山拓亮はほぼ全面参加し続けていたし、以降はINORANが河村隆一ソロへ参加することもあった。またその後LUNA SEAも復活した事でRYUICHIとINORANはバンドメンバーとして継続的に活動するようにもなり、関わり自体はずっと続いていた。

そしてすっかり忘れかけたデビュー10周年を機に復活。新曲含むベスト盤、そして翌2016年にはオリジナルアルバムを発売した。2017年以降はまた目立った活動はしていない。

河村隆一とLUNA SEAのシングル回顧を既にやったが、そういえばTourbillonも一応全部リアルタイムで聞いていたんだったという事で今回初めてラインナップに加え、これにて河村隆一、RYUCHIのボーカルシリーズが過去曲回顧の新スタイルにて取り揃えることができた。

2018.10執筆

「Tourbillon シングル回顧~2005-2016~」の続きを読む…

大塚愛 15周年シングル回顧3~2009-2018~

09年になるとシングル売上はさらに低迷していたが、そんな中でRIP SLYMEのSUとの結婚を発表。さらに09年後半には妊娠により産休に突入した。産休はそんなに長くは無かったが、大塚愛としての新作はしばらく途絶え、活動再開後もオリジナルアルバムまでは間があったので、『LOVE FANTASTIC』は09年のシングル曲と13年、14年のシングル曲が混在し、”愛”名義と”AIO”名義、Ikoman参加とhiroo参加が混在するアルバムとなった。

以降はアルバム主体の活動へ移行。これまでが「歌う楽曲」だとすれば今回は「聴く楽曲」だとするエレクトロサウンドに振り切った『LOVE TRiCKY』はcap(Noboru Abe from STUDIO APARTMENT)との共同アレンジにて初めてシングル曲なしで全曲新曲のフルアルバムとしてリリースされた。

2016年は新曲リリースは無く、2017年は久々のドラマタイアップもあってシングル「私」、立て続けにアルバム『LOVE HONEY』をリリース。前作でのcap路線と笹路正徳をアレンジャーに迎えての以前と現在を融合させたようなアルバムとなった。

産休前から女性リスナー向けに振り切るような発言が増え始め、男性リスナーをおざなりにするような発言を繰り返すようになったが、これによりコアな男性ファンの多くが離脱してしまったらしく、いつの間にかヒット曲どころか活動している事すらあまり知られていないような完全な過去の人扱いになってしまった感もある。ビルボードのインタビューコーナーにはそんな近年のはっちゃけたインタビューが残っているが、正直売れなくなってからもブレない一貫した姿勢は売れてた時よりもはっちゃけていて面白かったりもする。

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧3~2009-2018~」の続きを読む…

大塚愛 15周年シングル回顧2~2006-2008~

人気絶頂期から徐々に落ち着きつつあった15周年の中期に位置する時期。基本ルーティンを維持しつつも、前年頃から見せつつあった打ち込みから生音バンドサウンドメインでの移行、シングルでは新たな方向性も見せ始めていた。

産休前のオリジナルアルバムはこの時期のシングル収録までとなり、レンタル限定の2011年の『SINGLE COLLECTION』もここまでが対象となっていて概ねTVによく出てくる大衆向けシンガーだったのもこの頃くらいまでだった。

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧2~2006-2008~」の続きを読む…

大塚愛 15周年シングル回顧1~2003-2005~

2018年9月でデビュー15周年という事で、世間的にはちょっと過去の人になりつつあるけど00年代半ば頃のトレンド系ヒットミュージシャンにしてアイドル的側面も持ち合わせた大塚愛を久々に振り返ってみることにした。配信限定で今回取り上げる全A面を網羅した『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』がリリースされ、元から格安だったのにレコチョクで発売直後に限定で900円とかで投げ売られていたのもタイミングが良かった。

大塚愛が面白いのは人気が落ち着いてきた頃に、完全に同世代女性向けにシフトしてそっちを向いた活動ばかり展開した事である。インタビューでは男性ファンをおざなりにしたような発言を繰り返すなど、アイドル的に応援してくる野郎は願い下げとばかりの態度だったので一部では反感も買ってそうだし、実際物凄い勢いで人気が低下してしまったが…。

何故か正規のベスト盤を初期の頃に出したっきり、産休前後の頃はレンタル限定で済ませ、この15周年のタイミングでは配信限定で済ますなど、売る気が無いのかなんなのかよく分からないリリース展開の迷走っぷりも見られるが、何故か2019年1月1日に15周年ベストをリリースすると発表。そちらはシングルコレクションではなく、一部シングルを外す代わりにA面以外の曲が選曲されているようだ。

なお10年半ほど前に初期の対談レビューで取り上げているが、あの対談の時は「ポケット」を聞いてない状態で朱雀さんに丸投げするというあんまりな状態で行っている始末であった。あの対談での感想や印象は双方見解一致で既に5年近く前からこれはもう古い…今の感想ではないという事で一致しており、あくまで過去の負の遺産として置いてある。このため今回特に当時の★の数なんかは全く確認せずに書き上げたので、言っている事が全く異なっていることもあるかもしれない。というかここまで書いてから久々に読み直してみたら思った以上に酷かっ

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧1~2003-2005~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧10~2013-2015~

2008年にきちんと無期限休止を宣言したためか、桑田ソロで新曲が発表されたのは09年12月と1年以上開いていてゆったりとした出足となった。しかし2010年夏に桑田は初期の食道がんにより療養生活を余儀なくされる。さらに2011年の東日本大震災も発生。自身に、そして日本で起きた大きな出来事は確実に何らかの影響を与えたと思われるが、結果として無期限休止からきっかり5年、35周年のタイミングでサザンオールスターズは再始動を果たした。03年以降腰痛でなかなか参加できていなかった野沢も今度こそ全面参加で5人が揃った。

桑田ソロからこの時期にかけては長年固定状態になっていた制作陣に代わって新たな製作スタッフが参加した。アレンジャーにしてシンセ、プログラミングを担当する曽我淳一、マスタリングエンジニアのTed Jensenなどが新たに起用された。いずれも新鮮な驚きがあったようで起用当初から一気に多用され、サザン復活後も引き続き起用していたが、やはりいつも通りの方がいいという事になってきたのか、この時期のサザンでの起用を経て曽我淳一の起用は減り、Ted Jensenによる海外リマスタリングも国内エンジニアの起用に戻された。

また『葡萄』リリース後のツアーをもってしてまたしてもサザンは休止状態となり、しれっと桑田ソロ活動に戻ってしまったがこの際には特に休止宣言も出なかった。大方の予想通り、40周年である2018年に再びサザンでの活動が始まり、休止宣言は無かったが「再始動」という表現は使用された。

今回取り上げた楽曲のその次は長期連載開始の前日に新作シングル感想として更新した2018年の「闘う戦士たちへ愛を込めて」となるが、まだリリースから日が浅いため、もう少し経過してから過去曲回顧として「壮年JUMP」などとも合わせて追記していく形を取る予定。

2018.9新規執筆

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧10~2013-2015~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧9~2003-2008~

大森の休止からの脱退を経てサザンは休止状態となり、01~02年の間には桑田ソロ3期が行われ大ヒットを飛ばした。03年に25周年を迎えると「勝手にシンドバッド」の復刻盤をリリースしてこれが異例の大ヒットを記録。最早単なる再発に留まらないリバイバルヒットととなり、当時獲得できなかった1位を獲得した。

続けて5人のサザンも本格始動。以降安定したヒットを重ねたが、例によってオリジナルアルバム発売までは数年を要した。

この時期からはメンバーの演奏クレジットが詳細表記になり、特に桑田のクレジットにベースを筆頭としたメンバー担当楽器まで併記されるようになった。また公式ライナーがアルバムに付属するようになり、ベースを自分が弾いたと公言するようになったため、実はメンバーが参加していなかった…という曲が増えた。

05年の『キラーストリート』リリース以降は活動が鈍化し、06年はシングル1作のみ。07年は桑田ソロが始まってしまい、迎えた30周年でついに無期限での活動休止を発表。ここまで本格的に休止を発表したことが無かったのと、そんな状態でも2,3年活動しないことは珍しくも無くなっていたため、いつ戻ってくるとも分からない事実上の解散宣言なのではないかと波紋を呼んだ。

2018.8~9執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルはオリジナル盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧9~2003-2008~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧8~1997-2000~

97年以降、時代は20代の若手達の天下となり、ベテランのサザンはシングル売上が20万前後にまで低迷していき大御所化していった。そんな状況下でも「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」で意地のロングヒットを見せると、夏の企画ベストとして『海のYeah!!』が250万枚を越える大ヒットを記録。この時点でベスト盤はバラッドシリーズしかなく、歴代のヒット曲をおさらいできる唯一の本格ベスト盤として大ヒットした。

しかしベスト盤で完全に”上がり”を迎えてしまったのか以降はさらに低迷。ついにはトップ10落ちの危機にも陥ったまま90年代は終了。00年になると「TSUNAMI」が空前の大ヒットを記録。サザン人気はこれまで以上に鉄壁のものとなり、そのまま現在に繋がっている。

地元茅ヶ崎でのライブも成功させたが、年末にはギター大森が休養。そのまま翌年脱退してしまい、デビュー以来不動の6人組だったサザンオールスターズは初めてメンバー脱退を経験することとなった。

2018.8~9執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧8~1997-2000~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧7~1995-1996~

94年は桑田ソロによりサザンとしての活動は無く、95年になって活動を再開。この際に91年以降活動休止していた関口が正式に復帰した。90年代以前から人気を博していたベテラン勢は軒並み95年を境に失速して、90年代以降にデビューした若手がトップへ上り詰めていく新たな時代に突入していたが、既にデビュー20周年が見え始めていたこの時期、この2年間でシングルミリオン2作、オリジナルアルバムで初の200万枚突破という特大ヒットを放ったのは当時かなり異例だったといえる。しかしJ-POP世代交代の波はサザンにもすぐそこまで迫っていた。

2018.7~8執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧7~1995-1996~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧6~1991-1993~

90年代CDバブルの時代の必勝パターンであるドラマタイアップにより、シングルでの初のミリオンヒットをたたき出し、最高売上を連続で更新したセールス上の躍進期。売上上位を並べていくと軒並みこれまでよりもここからの作品の方が上位を締めてくる。

人気も売上も拡大する一方でこの3年間は丸々ベース関口の休養期でもあった。かつて原由子が休んだ時に1度「Mind」と表記したことがあったが、この3年間クレジットは据え置き(Bass表記そのまま)で演奏には全面不参加、しかしジャケット写真などには時々顔を出す…というなんだか良く分からない不透明な参加状況となっていた。また関口のべースはサポートよりも打ち込みで済ませる事が多かったが、ギター、キーボード、ついにはドラムにまでサポートメンバーの表記が入るようになり、サザンオールスターズ&オールスターズ化は進行。

そんな状態のまま、関口が復帰することなく、93年末には第2期桑田ソロ活動が始まり、並行してシングル「クリスマス・ラブ(涙のあとには白い雪が降る)」をリリース後、94年は再びサザンの活動は休止状態となった。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧6~1991-1993~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧5~1988-1990~

1988年6月25日はサザンオールスターズデビュー10周年。このタイミングでの活動再開、復活となったがソロ活動を突き詰めていた桑田佳祐は1stアルバム『Keisuke Kuwata』発売とサザン活動再開がクロスする形となり強制的にソロ活動を終了せざるを得ない状況となってしまった。

大々的に復活してサザンでのツアーも行ったものの、サポートメンバーとして桑田ソロで起用していた面々がそのまま参加するようになり、メンバーの担当楽器をサポートメンバーが演奏する機会もこの頃から増加した。広く知られる「真夏の果実」はほとんどメンバーが参加しておらず、「希望の轍」に至ってはそもそもサザンの曲ですらなかったりもする。サザンオールスターズ&オールスターズという名義も使用されたが、これ以降のサザンは割と慢性的にサザンオールスターズ&オールスターズであり、その始まりの時期がこの時期だ。

2018.7執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧5~1988-1990~」の続きを読む…