サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧9~2003-2008~

大森の休止からの脱退を経てサザンは休止状態となり、01~02年の間には桑田ソロ3期が行われ大ヒットを飛ばした。03年に25周年を迎えると「勝手にシンドバッド」の復刻盤をリリースしてこれが異例の大ヒットを記録。最早単なる再発に留まらないリバイバルヒットととなり、当時獲得できなかった1位を獲得した。

続けて5人のサザンも本格始動。以降安定したヒットを重ねたが、例によってオリジナルアルバム発売までは数年を要した。

この時期からはメンバーの演奏クレジットが詳細表記になり、特に桑田のクレジットにベースを筆頭としたメンバー担当楽器まで併記されるようになった。また公式ライナーがアルバムに付属するようになり、ベースを自分が弾いたと公言するようになったため、実はメンバーが参加していなかった…という曲が増えた。

05年の『キラーストリート』リリース以降は活動が鈍化し、06年はシングル1作のみ。07年は桑田ソロが始まってしまい、迎えた30周年でついに無期限での活動休止を発表。ここまで本格的に休止を発表したことが無かったのと、そんな状態でも2,3年活動しないことは珍しくも無くなっていたため、いつ戻ってくるとも分からない事実上の解散宣言なのではないかと波紋を呼んだ。

2018.8~9執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルはオリジナル盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧9~2003-2008~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧8~1997-2000~

97年以降、時代は20代の若手達の天下となり、ベテランのサザンはシングル売上が20万前後にまで低迷していき大御所化していった。そんな状況下でも「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」で意地のロングヒットを見せると、夏の企画ベストとして『海のYeah!!』が250万枚を越える大ヒットを記録。この時点でベスト盤はバラッドシリーズしかなく、歴代のヒット曲をおさらいできる唯一の本格ベスト盤として大ヒットした。

しかしベスト盤で完全に”上がり”を迎えてしまったのか以降はさらに低迷。ついにはトップ10落ちの危機にも陥ったまま90年代は終了。00年になると「TSUNAMI」が空前の大ヒットを記録。サザン人気はこれまで以上に鉄壁のものとなり、そのまま現在に繋がっている。

地元茅ヶ崎でのライブも成功させたが、年末にはギター大森が休養。そのまま翌年脱退してしまい、デビュー以来不動の6人組だったサザンオールスターズは初めてメンバー脱退を経験することとなった。

2018.8~9執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧8~1997-2000~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧7~1995-1996~

94年は桑田ソロによりサザンとしての活動は無く、95年になって活動を再開。この際に91年以降活動休止していた関口が正式に復帰した。90年代以前から人気を博していたベテラン勢は軒並み95年を境に失速して、90年代以降にデビューした若手がトップへ上り詰めていく新たな時代に突入していたが、既にデビュー20周年が見え始めていたこの時期、この2年間でシングルミリオン2作、オリジナルアルバムで初の200万枚突破という特大ヒットを放ったのは当時かなり異例だったといえる。しかしJ-POP世代交代の波はサザンにもすぐそこまで迫っていた。

2018.7~8執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧7~1995-1996~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧6~1991-1993~

90年代CDバブルの時代の必勝パターンであるドラマタイアップにより、シングルでの初のミリオンヒットをたたき出し、最高売上を連続で更新したセールス上の躍進期。売上上位を並べていくと軒並みこれまでよりもここからの作品の方が上位を締めてくる。

人気も売上も拡大する一方でこの3年間は丸々ベース関口の休養期でもあった。かつて原由子が休んだ時に1度「Mind」と表記したことがあったが、この3年間クレジットは据え置き(Bass表記そのまま)で演奏には全面不参加、しかしジャケット写真などには時々顔を出す…というなんだか良く分からない不透明な参加状況となっていた。また関口のべースはサポートよりも打ち込みで済ませる事が多かったが、ギター、キーボード、ついにはドラムにまでサポートメンバーの表記が入るようになり、サザンオールスターズ&オールスターズ化は進行。

そんな状態のまま、関口が復帰することなく、93年末には第2期桑田ソロ活動が始まり、並行してシングル「クリスマス・ラブ(涙のあとには白い雪が降る)」をリリース後、94年は再びサザンの活動は休止状態となった。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧6~1991-1993~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧5~1988-1990~

1988年6月25日はサザンオールスターズデビュー10周年。このタイミングでの活動再開、復活となったがソロ活動を突き詰めていた桑田佳祐は1stアルバム『Keisuke Kuwata』発売とサザン活動再開がクロスする形となり強制的にソロ活動を終了せざるを得ない状況となってしまった。

大々的に復活してサザンでのツアーも行ったものの、サポートメンバーとして桑田ソロで起用していた面々がそのまま参加するようになり、メンバーの担当楽器をサポートメンバーが演奏する機会もこの頃から増加した。広く知られる「真夏の果実」はほとんどメンバーが参加しておらず、「希望の轍」に至ってはそもそもサザンの曲ですらなかったりもする。サザンオールスターズ&オールスターズという名義も使用されたが、これ以降のサザンは割と慢性的にサザンオールスターズ&オールスターズであり、その始まりの時期がこの時期だ。

2018.7執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧5~1988-1990~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧4~1984-1985~

当時の最先端であったコンピューターサウンド、80’sテクノロジーに果敢に挑んだ時期。これに伴いコンピューターサウンドに長けた外部のサポートメンバーの参加が増えたり、バンドサウンドではない曲も増えた。1800時間に及ぶレコーディングで完成させた大作『KAMAKURA』が1つの到達点となり、これを最後に活動は長期休止となった。

休止期間中である87年には『バラッド’77~’82』の続編である『BALLADE 2 ’83~’86』がリリースされている。バラッド=BALLADなのに「BALLADE(バラード)」表記だったり、アルバム3作から2枚組という対象範囲の狭さ、アルバム初収録曲が1曲も無かったりとやや非公認色の強い作品だが、サザンとしては初めてCDとカセットで発売されたCD時代突入のアルバムだったりもする(『KAMAKURA』まではレコードとカセットをメイン媒体として発売して新規格であるCD化は少し遅れて発売していた)。

2018.7執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧4~1984-1985~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧3~1982-1983~

2年間シングルヒットが出ていなかったが、「チャコの海岸物語」が久々の大ヒットを記録。また桑田・原の結婚も話題となった。以降3連続でトップ10ギリギリではあったが30万程度のヒットを連発。しかし83年後半には再度失速。変わらずアルバムではNo.1ヒットを継続していた。

80年代テクノロジー、コンピューターサウンドを徐々に導入し始めたとされるのがこの時期だが、84年以降に比べるとまだ本格的な導入には至っていない。同時期に『NUDE MAN』前後の頃には学生時代のサークルBETTER DAYSがフューチャー(?)されるなど、学生時代のサークル出身から始まったバンドの活動の1つの区切りになった時期だったのかもしれない。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧3~1982-1983~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~

1980年に入ると制作に専念するためにTV出演を控え、FIVE ROCK SHOWを掲げての連続リリースを敢行するも、売上が激減。以降しばらくシングルヒットからは遠ざかるようになった。一方でシングルのチャート順位がどんどん落ちていく中でもアルバム売上は好調で3rdアルバムで初の1位を獲得。以後オリジナルアルバム、現存するベストアルバムの全てで1位を獲得している。

そんなわけでこの時期は8作連続でトップ10落ちしていて2年間トップ10ヒットが1曲も無い。しかし98年の『海のYeah!!』収録の機会に恵まれた曲を中心に現在は知名度が非常に高くなっている曲もいくつかある。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。

シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~

1978年6月25日の「勝手にシンドバッド」でのデビュー当時はあまり売れなかったが、8月の1stアルバム発売頃からTV出演をきっかけに徐々に火が付き始めて大ブレイク。以降2年間でシングル5作全てをトップ10入りさせたのがこの最初期である(アルバムは2作のうち2ndでトップ10入り)。

連日TV出演をこなしながら夜レコーディングというスケジュールになったため、メンバーの疲労はいきなりピークに達し、特に2ndアルバム周辺は「ノイローゼ」というキーワードで持って語られる事も多い。

この時期は前述のように当時もヒットしているため、リアルタイムで接したリスナーはもちろん、98年から20年ロングセラーを続ける『海のYeah!!』に5シングル中3曲が選ばれており、それらに関しては当時を知らないリスナー間でもかなり知名度は高いと思われる。

そんな最初期のサザンオールスターズを振り返る。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~」の続きを読む…

globe シングル回顧3~2001-2005~

毎回作風の異なるような実験期を経て突如としてトランス路線へ移行。以降はトランスを主戦場としてヒットチャートとは距離を置いたような楽曲を次々と発表。創作意欲は衰えてはいなかったようだが、YOSHIKIの謎加入、KEIKOと小室の結婚を経て、10周年を経てからは一気に停滞。活動休止状態となり、今後が不透明な時期が長く続くようになった。

シングルは一足先に05年で止まっている。

06年にアルバム『maniac』、ミニアルバム『new deal』を立て続けに発売後、音沙汰がなくなり休止状態に。08年にKEIKOがKCOとしてレコード会社もユニバーサルへ移籍してソロデビュー…したが楽曲制作は小室が行っているため、単にMARCがいないだけの制作スタイルだっ。そのあとでglobeとしての活動再開を発表。TM NETOWORKの代表作「Get Wild」のカバーシングルを出す予定だったが、小室の詐欺逮捕によりオジャンになってしまった。

09年には小室の音楽活動は再開されたが、globeの活動はなかなか行われず、2010年には15周年記念ベスト盤『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』をリリースするもまたしても1年近く何の活動も無いままに2011年にKEIKOがくも膜下出血で倒れてしまった。小室とMARCはKEIKOが復帰するまで2人で活動するとして活動を再開し、リミックス作品を中心としたリリースを重ねた。

小室もMARCもTwitter等で時々KEIKOの近況と回復を思わせる報告をしており、2017年には歌声も公開。復帰は近いと思われたが、2018年の小室不倫騒動引退宣言時にはKEIKOは既に歌う事への興味を完全に失っているという現状を正直に告白している。実際には状況は悪化しているらしく、闘病生活初期にはスタジオへ連れ出して何とか1曲歌ったものの、ここ5年くらい「もういいよね」という事になり歌わなくなってしまったという。その話こそ真実だとすると動画の「2016~2017 KEIKO」という文字も偽り(それよりももっと前の闘病初期)だった事になるが、回復が近いと言い聞かせなければやっていられないほど小室自身も介護に疲弊しきっていたのかもしれない。

そんなわけで現時点でのglobeの最新(あえて最後とは書かない)シングルは05年。95年のデビューから05年という実質10周年までがglobeの現時点でのシングル史となる(アルバム含めても+1年程度)。トランス路線はとにかく長い曲が多くサウンド重視だが、中にはキャッチーな曲もあり、すっかり離れてしまったリスナーでも改めて聞けば一定の良さを感じられる…かもしれない。そんなトランス期を振り返る。

2018.4~5執筆

「globe シングル回顧3~2001-2005~」の続きを読む…

globe