泣き笑いのエピソード/秦基博

2020年12月21日(配信)
2021年1月25日(全曲配信)
2021年1月27日(CD)
初登場26位 売上0.7万DL
初登場17位 売上0.7万枚

B08QS6NKW2

1年2ヵ月ぶりぶりのシングル。
初回盤は「Hata Motohiro Live at F.A.D YOKOHAMA 2020」収録DVD付。

NHK朝ドラ「おちょやん」主題歌として11月からOAされ11月30日に特設サイトまで制作されていたが朝ドラサイドで制作したムービーを貼りつけるだけで何故か一向に発売を明示せず、曲が流れていてサイトもあるのに曲が入手できない状態のまま年末の歌番組に出演し続けていた(TV見て探しに来たリスナーを門前払いする機会損失の連発)。12月11日にようやく21日に配信決定と告知して5日前から配信開始まで○日!と謎のカウントダウン芸を繰り広げてしらけきったまま21日に配信解禁されると同時に1月27日にCD発売決定を告知するというサイコパスな年末であった。年明けもCD発売5日前からまたもカウントダウン芸を開始したが今度はそのカウントダウン途中の月曜日25日に今日から全曲配信開始と突如発表、しらけきったままCD発売を迎えた。

機会損失と挑発のお手本のような謎プロモーションだったんだけどどうしてこうなった…。ようやくDL開始…とDLした途端にCD発売決定の報が流れてきて目を疑った。そんなわけで配信のタイミングでは感想書かずに放置していて改めてCDレンタルしてきて感想とした。

まとめるとこんなタイムライン

11/30 特設サイトを作ったのに発売未定のままTVで歌いまくる
12/11 配信告知
12/17 配信までカウントダウン開始
12/21 配信開始と同時にCD発売を告知(先行配信だったと書き換える)
1/22 CD発売までカウントダウンを開始する
1/25 CD発売直前に今日から全曲配信と言い出す
1/27 CD発売日

機会損失と挑発行為のような販売戦略で当然のようにDL/CD共にトップ20レベル、ロングヒットもせずにランクダウンしていくという顛末となった。

「泣き笑いのエピソード/秦基博」の続きを読む…

僕は僕を好きになる/乃木坂46

2021年1月20日(配信限定Special Edition)
2021年1月27日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上71.3万枚
初登場11位 売上1.2万DL(僕は僕を好きになる)
初登場2位 売上0.7万DL(Special Edition)

B08P1H4KC6

配信2作を経て10ヶ月ぶりのCDシングル。
握手会が封じられているため、オンラインを駆使したイベント商法となったが選抜常連人気メンバーの握手免除組をそのままオンラインでも適用したため、オンラインではやはり分が悪く売上は大幅ダウンとなった。

堀未央奈の最終参加作。C/Wでの初のソロ曲「冷たい水の中」MVを2020年11月27日にYouTube公開した際にMV内にて卒業を宣言するという斬新な卒業発表を行った。今作の後のオンラインでの9th BIRTHDAY LIVEが全体では最後、3月の2期生ライブが実質的な卒業公演となった。

「僕は僕を好きになる/乃木坂46」の続きを読む…