Storyteller/ティーンエイジドリーム /miwa

2019年12月25日
初登場13位 売上0.7万枚

Storyteller/ティーンエイジドリーム (通常盤) (特典なし)

4ヵ月ぶりのシングル。

初回盤は3~6曲目に「オトシモノ(Piano ver)」「We are the light(Piano ver)」「ANSWER(Piano ver)」「DOWNTOWN BOY(Piano ver)」の4曲のライブ音源を追加収録し、カラオケ2曲(Instrumental)が7,8曲目に収録されている。加えて2曲のMV収録DVD付。

通常盤・配信版は2曲+カラオケ2曲(Instrumental)。
期間生産限定盤(アニメ盤)はBORUTOアニメ絵柄デジパック仕様で曲順を入れ替えた「ティーンエイジドリーム/Storyteller」仕様。内容自体は通常盤と同じで今回はTVサイズでの収録が無い。

前作リリース後に結婚妊娠を発表していたが、まだ産休には入らずに新作発売となった。
2曲ともMVが制作されたが「Storyteller」は顔のアップのみ、「ティーンエイジドリーム」は役者によるドラマ仕立てとなっていて、なるべく姿を出さないように工夫している模様。年末年始の歌番組への出演も無かった。

発売直後、1月2日に公開練習を行った旦那で水泳の萩野公介が年末に子供が生まれていた事を公表。実は今作発売前後の時期が出産だった事が判明したが、miwa本人は年末もSNS更新のみを継続していてレギュラーラジオ「ミューズノート」の収録や最終回について触れているのみの通常営業で2019年を終え、年明け1月6日の更新でも普通に明けましておめでとうして今年は10周年だという展望に触れるのみ。miwa本人は一切出産について触れていない

「ミューズノート」のクリスマス回ではスタジオライブも披露していたようだが生まれる直前ににそんなことをやっていたとも思えないので11月から12月頭までにはすべての撮影や収録を終えてこっそり産休していた…のだろうか…。

「Storyteller/ティーンエイジドリーム /miwa」の続きを読む…

#302/平井堅

2019年12月4日
通常盤
初登場11位 売上0.9万枚

#302 (通常盤) (特典なし)

初回盤は1曲+カラオケ(less vocal)、「#302」MVと5月の配信限定曲「いてもたっても」MVを収録したDVD付。
通常盤はカラオケは未収録だが、C/W2曲を追加収録。

10月24日には単曲先行配信されていた。

「#302/平井堅」の続きを読む…

Shine On Me/大原櫻子

2019年12月4日
初登場6位 売上1.0万枚

Shine On Me【通常盤】(CD)

完全生産限定盤は折りたたみダッフルバッグ付。
初回盤はMV収録DVD付。
通常盤含めてCD収録内容は共通(2曲+Instrumental2曲)。

シングルの詳細内容発表からすぐに年明けのアルバム発売を発表したため先行シングルとなる見込み。 「Shine On Me/大原櫻子」の続きを読む…

光の気配/KinKi Kids

2019年12月4日
通常盤
初登場1位 売上18.6万枚

光の気配 (通常盤) (特典なし)

1年ぶり新作。

初回盤AはC/WがBacking Track(カラオケ)のみ、「光の気配」Music Clip HIKARI Ver.&Makingを収録したDVD付。
初回盤BはC/Wが「チラナイハナ」、「光の気配」Music Clip KEHAI Ver.&Makingを収録したDVD付。
通常盤はC/Wが「杪夏」「Tuning」 「光の気配/KinKi Kids」の続きを読む…

クリスマス・イブ(2019 Version)/山下達郎

2019年12月11日
初登場17位 売上1.1万枚

B07ZTKQS3V

11日~25日までのクリスマス期間限定販売。
2019 Versionは2013年盤(30th盤)の収録曲に「ベラ・ノッテ」「煙が目にしみる」の未発表ライブ音源を追加。2000、2003、2013ではリマスターがアナウンスされていたが今作ではリマスターはアナウンスされていない

2015、2017、2018はスリーブケースをつけただけで中のCDは2013年の30th盤だったため、追加収録での発売は2014Version以来。2013年盤までは曲が追加されていく仕様だったが、2013年盤以降は2014と2019で追加収録曲が枝分かれした事になる。

O社売上は2013年盤以降はCDの内容が一部異なる2014も含めて全て2013年盤へ加算集計されていたが今作は何故か新規ランクインとなった。

2014までの再発はおおよそクリスマス1ヵ月前の11月発売に設定され、クリスマスに向けてチャートを上がっていったりうろうろしたりしていたが、2015、2017、2018の2013年盤(30th)に三方背BOXを被せただけの再発ではクリスマス直前にズバッとピンポイントでランクインする事を確実に狙った12月10~15日頃に発売されるようになっていた。今作もそれに準じた12月11日発売となり、明確に発売期間も最初から公開しての発売だった。

「クリスマス・イブ(2019 Version)/山下達郎」の続きを読む…

デリケートに好きして/新井ひとみ

2019年11月27日
配信版
初登場31位 売上0.3万枚

B07YC9J78G

東京女子流の新井ひとみの単独ソロデビュー作。スタッフの勧めにより80’sアイドル的素質を最大限生かした80’sアイドル再現パロディの衣装や髪形、楽曲、キャラクターで行うという名前はそのままながら東京女子流の新井ひとみとは切り離した「新井ひとみ」ソロプロジェクト。表記は全く同じだが、女子流の新井ひとみとは別プロジェクトの新井ひとみとして公式サイトやTwitterアカウントが作成された。そちらでは容姿やキャラクターを徹底して変えている。

CD+DVD+VR盤、CDのみ盤、販路限定・イベント会場限定盤(CD+DVD+VR+グッズ)の3種発売。
CDは全て表題1曲+カラオケ。CD+DVD+VR盤のDVDはMV収録のみ、VRはVRコンテンツシリアル・ビューワーが封入されていてMVのショートサイズを視聴できる。
イベント会場限定盤は通称「ひとみ全部BOX」で、DVDには「浅草お出かけMOVIE」「新井ひとみ29の質問」が追加収録され、VRはフルサイズ、ひとみ大好きはちまき、ひとみのバッチ、サイン会イベント参加チケットといったグッズが付属する。

配信版は版表題曲のみでカラオケは配信されていない。

全部BOXの12000円(税抜き)は論外だし、DVD付も3000円(税抜き)と論外だし、CDのみも1000円(税抜き)も1曲+カラオケで論外(レンタル追放は確認せずとも当たり前なので最初から選択肢に無い)、配信で入手した。
「デリケートに好きして/新井ひとみ」の続きを読む…

Freeze/B Pressure

2019年11月1日(タワーレコード先行)
2019年12月1日(一般発売)
初登場62位 売上0.16万枚

Freeze

伝説の完全撤収から18年の時を越えこの3人が集まった。
その名は『B Pressure』(ビープレッシャー)
抜群のプロデュース力『Taka』(タカ)
類まれな歌唱力『Teru』(テル)
アイドル性No1『Kan』(カン)
もちろん野猿同様
総合プロデューサー『石橋貴明』
音楽プロデューサー『後藤次利』

として、野猿メンバーのダンサーを除くメインボーカル4名(front 4 men)から先にソロ歌手活動を開始している木梨憲武を除いた3人による新ユニット。厳密には野猿撤収後に石橋プロデュースで平山晃哉、神波憲人の2人でWill Callを結成、シングル『路傍』1枚で自然消滅していたので、これ以来となり、Will Callにメンバーとして石橋が加わったという形に近い。

野猿時代の作詞担当だった秋元康は煽り文に名前が登場していないものの3曲中2曲の作詞を担当(1曲は初登場の松井五郎)して引き続き関わっている。

メジャーではなく自主レーベルArrival Recordsを立ち上げてBRIDGEが流通を請け負う形のインディーズ扱い。11月1日にタワーレコードで先行発売され、12月1日に一般流通、配信は年明け以降と発表されている。

番組亡き今、宣伝する媒体がほぼ皆無で、SNSで情報発信しつつも(メンバー個別のインスタ更新が主体のため、Twitterの更新の大半が「○○インスタ更新しました!」の連投)、配信なしでインディーズでCD発売な上に、販路がタワレコ限定だったのが響いて初登場時は1000枚を下回る売上となり、一般発売後も話題にならずほとんど売上は伸びなかった。

「Freeze/B Pressure」の続きを読む…