Chime/大塚愛

2019年9月4日
初登場35位 売上0.2万枚

B07TSCG5KH

1年ぶりのシングル。
アニメ『フルーツバスケット』第2クールOPとしてOA開始の前日7月4日に単曲で先行配信。
CD発売時9月4日にはC/Wも含めてシングル盤として配信開始となった。
CDは3曲+Instrumental3曲収録だが、配信にはInstrumental3曲は未収録。
代わりに配信版には4曲目に「だめだめだ」が追加収録された。
「だめだめだ」は2015年にトミタ栞に提供した楽曲のセルフカバー
C/W3曲目の「XOX」は「だめだめだ」の英語詞セルフカバーであったが、配信版には日本語セルフカバーも追加収録した形。

Blu-ray付、DVD付は2019年5月2日Zepp DiverCityで開催した「愛 am BEST, too tour 2019~イエス!ここが家ッス!~」の模様を収録した2時間越えのライブ映像作品付属。特典というより単品発売するようなライブ映像作品をシングルに付属させた形のため、Blu-ray付は8580円、DVD付は7480円、通常盤は1320円と激しい価格差が生じた。

加えてFC・mu-mo・会場限定盤 豪華BOX仕様は同Zepp DiverCity公演のライブCD2枚+セットリストの異なるWWW X公演のライブCD2枚+ツアーフォトカード20枚セットが付属する。豪華BOX仕様ではあるがBD/DVD付よりは安い7150円に設定されている。

エレクトロ路線が続いていたが今作では生バンド編成によるポップス路線に完全回帰。ギターやベースは曲によって異なるが3曲ともドラムを沼澤尚が担当するなど一昔前のバンド編成に戻っている。
「Chime/大塚愛」の続きを読む…

STAR LIGHT JOURNEY/いきものがかり

2019年11月2日
配信限定

STAR LIGHT JOURNEY

7ヵ月ぶり2019年5作目の配信シングル。
年明けから4月まで一気に4作リリースしたもののそれっきりプッツリ途絶えていたが、10月になって2020年にツアーを開催する事が発表され、11月になって今作が配信された。その後12月25日のアルバム発売も告知された。「WE DO」以降配信した楽曲は全てCD化される模様。放牧前の「ラストシーン」は忘れられ 「STAR LIGHT JOURNEY/いきものがかり」の続きを読む…

フレア/Superfly

2019年11月1日
配信限定
初登場3位 売上4.8万DL

フレア

9月17日に発売が告知された2020年1月15日に発売される次のアルバムに向けての先行配信。
朝ドラ放送から1ヵ月程度で視聴者が馴染んできたタイミングで配信された。

Superflyは普段聞いていないし、朝ドラも見ていないが、数年前から朝ドラ主題歌だけは聞き続ける習慣が生まれたため、今回もその習慣に従った。よってアルバムを聞く予定は今のところない(現在3rdまで聞いたので次聞くとしたらいつになるか不明だが4thという段階)。 「フレア/Superfly」の続きを読む…

さくら(二〇一九)/森山直太朗

2019年10月30日
配信限定

さくら (二〇一九)

2018年8月のアルバム『822』以来のリリース。配信シングルとしては18年3月以来。

2002年のメジャーデビュー作『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』収録曲として最初に発表され、ピアノ1本の伴奏にリアレンジして年明け03年にシングル「さくら(独唱)」として発売、大ロングヒットの末にミリオンヒットとなった楽曲のリメイク

バージョンとしては『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』収録の「さくら」、シングル収録の「さくら(独唱)」「さくら(合唱)」に続く4バージョン目となる。なおC/Wにはカラオケバージョンとして「さくら(伴奏)」があり、さらに厳密には03年『永遠はオルゴールの中に』にスタジオ弾き語りライブバージョンの「さくら」もCDとして存在する。

また「さくら(独唱)のPVはCD音源ではなくPV撮影時に1発録りした生の演奏を使用していた(このため「さくら(独唱)」はシングル発売時からTVでBGMとして流れる場合を除く映像付でランキングや懐古番組流されていた場合は歌番組での歌唱映像かPV映像のため、CD音源「さくら(独唱)」は実は流れていなかった)。

要するにYou Tubeで「さくら(独唱)」のPV見るのと、サブスクで「さくら(独唱)」聞くのでは演奏とボーカルが丸々違うピアノの演奏者はCDとPVで違う人だし、ボーカルにしても最後の歌い回しが違う。

いずれにせよこれらは全て02~03年の間に発表されていた音源のため、16年ぶりの新バージョンという事になる。

遅れて11月29日に「さくら(二〇一九)」バージョンのMVも公開された。「さくら(独唱)」同様に今回も音源とは異なるその場での1発撮りによるボーカル・ピアノ生演奏とされている。ただし今回はピアノ演奏のみではなくストリングスが入っており、こちらは画面内に登場しないにも関わらず鳴っていてこれには言及されていないためストリングスは生演奏ではなく音源と同じものを被せている模様。またピアノ演奏者も世武裕子で音源とMVで同じ。

「さくら(二〇一九)/森山直太朗」の続きを読む…