VS/ポルノグラフィティ

2019年7月31日
初登場8位 売上2.3万枚

VS (通常盤) (特典なし)

配信2作を挟んで1年ぶりのCDシングル。

20周年を掲げての東京ドーム2daysライブ「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ’19~神VS神~”」に向けての20周年記念作的な立ち位置にもなっている。

15周年の時は完全に前倒しで15年目となる2013年に15th Anniversaryを派手に掲げてベスト盤や翌年にかけてのツアーを行って前倒しにピークをもってきていたが、20周年はまず2018年9月の20年目突入のタイミングで行ったライブを20周年イヤーキックオフなどと銘打ち、本当の20周年を迎える2019年9月に東京ドーム2daysという最大規模のライブをもってきて20th Anniversaryを掲げるという20年目突入をわざと20周年イヤー突入と誤用させつつも本当の20周年に向けて盛り上げていくというプロモーションが取られた。

初回盤はビデオクリップ収録DVD付。 「VS/ポルノグラフィティ」の続きを読む…

大好きな人/STU48

2019年7月31日
Type-A,B,C,D
初登場1位 売上29.0万枚

3rd Single「大好きな人」  Type A 初回限定盤

A~D、劇場盤の5種、A~Dはジャケットが異なるイベント参加券封入の初回盤、生写真ランダム封入の通常盤があるため合計9種。

2曲目のMVと特典映像が異なるのが通常の構成だがDVDの内容が4種全て同じという48・46系列史上初となる手抜き仕様となっている。

「大好きな人/STU48」の続きを読む…

Rice COMEnication/竹達彩奈

2019年4月13日(FCイベント会場限定グッズ付配信)
2019年7月24日(一般配信)

Rice COMEnication

ファンクラブイベント会場でグッズしゃもじ+DLコードという形でセット販売するという謎仕様で販売された。

30歳の誕生日を迎えた6月23日に同僚(声優)の梶裕貴との結婚を発表。公国のお姫様設定などよりコアファンを囲い込むアイドル売りを強める中で突如の衝撃発表ににファンは阿鼻叫喚、オークションやメルカリで過去のグッズやCDが大量に売り払われる事態となっている中で一般販売として通常配信が開始された。
「Rice COMEnication/竹達彩奈」の続きを読む…

昇る太陽/宮本浩次

2019年7月24日
初登場15位 売上1.0万枚

昇る太陽(通常盤)

エレファントカシマシのボーカルの初ソロCD。
ソロでの活動自体は18年10月の椎名林檎とのコラボ、11月のスカパラへのゲストボーカル参加に始まり、19年2月に配信「冬の花」で単独ソロデビューを果たしていた。

「冬の花」は未CD化のままとなったが、5月に配信されていた「解き放て、我らが新時代」はC/WでCD化された。
「昇る太陽/宮本浩次」の続きを読む…

FRUSTRATION/SKE48

2019年7月24日
Type-A,B,C,D
初登場1位 売上45.0万枚

CD2曲目及びDVD1曲目以外が異なるA~Dの4種+2曲目が異なる劇場盤の5パターンだが、A~Dに初回と通常があるので合計9種。
初回と通常の違いはジャケットと封入特典(参加券、投票券、生写真)の有無。CD/DVDの内容は同じ。

「12月のカンガルー」ではWセンターも担当したことがある選抜常連の北川綾巴が7月2日に突如卒業すると発表。9月末で卒業となったが、既に今作では選抜から外れ、C/Wの白組名義の「あの日のSecret Base」のみの参加となっていてこれが最終参加曲となった。特に卒業演出もされていない。

O社での売上は右肩回復傾向が続いているが、レンタルでの扱いは縮小を極めて、ついにレンタル追放となった。TSUTAYAの近隣店舗在庫検索を行ってもほぼ全ての店舗がが未入荷(追放)を示す「-」表示連発となり、他店舗でも一挙追放(翌週以降のSTU48、NMB48は入荷したのでSKE48のみ追放という状態)であった。

そんなわけで買わないと聞けなくなったが、特典の抜かれたファンによる大量投げ売りセットを買った方が単品購入よりも、そもそも近年は相場崩壊が著しくレンタルより格安なので劇場盤以外全種を入手しているのはこういった入手経路による。

「FRUSTRATION/SKE48」の続きを読む…

ドレミソラシド/日向坂46

2019年7月17日
Type-A,B,C,通常盤
初登場1位 売上53.5万枚
配信シングル初登場10位 売上1.6万DL(ドレミソラシド)
配信アルバム初登場2位 売上0.7万DL(Special Edition)

3曲目と特典映像が異なる3種+通常盤の4種発売。配信限定で全曲網羅したComplete Editionも発売。
A~CはDVDではなくBlu-ray付での発売。

前作リリース直後から体調不良を理由に行方不明状態となり、今作参加メンバー発表にも含まれないままに去就不明となっていた柿崎芽実は6月21日に突如卒業を発表。前作が最終参加作となり、1stの活動を最後に卒業するとしたが既に残された握手会も全て中止されており、最後がいつなのかはハッキリしないままフェードアウト状態となった。やがて8月11日の握手会終了後に登場して挨拶のみを行って正式に活動を終了。この際に他メンバーや家族含めてストーカー被害にあっていた事、これにより握手会に出れなくなった事、芸能界引退の意向を明かした。

濱岸ひよりも同様に体調不良での欠席が多くなっていたが、柿崎卒業と同じタイミングで活動休止を発表。こちらは回復後に戻ってきたいという意向を示している。また今作には全面参加しており、発売後に放送された冠番組出演までは行っている(ヒット祈願企画が収録としては最後だった模様)。

影山優佳は引き続き学業で休業中。

なおけやき坂46最初のメンバーであり、兼任解除で欅坂46専任となっていて3月に突如卒業を発表していた長濱ねるは既に欅坂46本体の活動には参加せずにライブにも出演していなかったが、7月30日の単独イベントをもって正式に卒業した。

8月28日発売の1stグループ写真集『立ち漕ぎ』の撮影に影山優佳が参加していた事が明かされ、さらに撮影には不参加の柿崎も手紙を残したことから、写真集が日向坂46メンバー全員がクレジットされる最初で最後の作品となった。

「ドレミソラシド/日向坂46」の続きを読む…