愛の種(20th Anniversary Ver.)/モーニング娘。20th

2017年11月3日
配信限定

愛の種(20th Anniversary Ver.)

1997年11月3日に発売されたモーニング娘。のインディーズシングル「愛の種」のリメイク。
「5日間で5万枚手売り達成でメジャーデビュー」という企画で手売りで5万枚を売り切り、当時はこの手のイベントでの売上をO社に計上する習慣も仕組みも確立されていなかったため対象外扱いでチャートへのランクインは当時していない。

発売からピタリ20周年を記念して当時のメンバー5人(中澤裕子・ 石黒彩・飯田圭織・安倍なつみ・福田明日香)+現役のモーニング娘。’17メンバーによるセルフカバー。
卒業を発表している工藤遥のラストシングルは10月の『邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!』だったが、今作が最終参加シングルとなった。
10周年記念隊やドリーム モーニング娘。などこれまでも卒業メンバーが参加する企画はあったが、どれも現事務所残留メンバーのみだった。今回は事務所を離脱している福田明日香や石黒彩も離脱後初めて参加している。

Instrumentalも配信された2曲入り仕様だが、ハイレゾ版はInstrumentalが無く1曲仕様。




1.愛の種(20th Anniversary Ver.)

オリジナルは作曲の桜井鉄太郎による編曲でオーソドックスな生バンドスタイルだったが、今回は鈴木俊介がリアレンジを施している。やたらベース音がブイブイ言っててドラムが軽いというのが少し微妙だが概ね原曲の雰囲気を残したさわやかな仕上がり。Bメロのソロパートは当時の5人が歌っているようなので現役メンバーはAメロとサビに厚みを出すための完全に添え物状態

ていうかMVも5人と現役は別撮りだし、会ってすらいないっぽく、現役メンバーが参加する必要あったかこれ…。これなら5人の今の歌声をもっと存分に堪能したかったところだが…。この5人は元がロックボーカリストオーディションの最終選考メンバーであり、5人とも加齢で喉壊してない限りは普通に歌えるんだし。

話題性抜群の企画だった割にプロモーションがかなりしょぼく、配信2日前の11月1日にニュースサイトで一斉告知されるも、いつもはフルサイズで上げているYou Tubeでは予告映像(下記)だけ、しかも素人感溢れる文字煽りなどやっつけ感満載で非公式映像かと思うほど。11月30日になってようやくMVが公開されたが何故かショート…という。初めて事務所辞めたメンバーまで揃ったのに…。

あと福田明日香は辞めたのが早かった上に最年少で全く成長しきってないうちに辞めたためか、他のメンバーが当時のまま年を取った感じなのに対して1人だけ誰だお前状態になってる辺りに改めて20年を感じる。
★★★★☆

愛の種(20th Anniversary Ver.)
モーニング娘。20th
2017/11/03 ¥250

愛の種(20th Anniversary Ver.)
愛の種(20th Anniversary Ver.)

posted with amazlet at 17.11.07
UP-FRONT WORKS (2017-11-04)
売り上げランキング: 446

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*