背中越しのチャンス/亀と山P

2017年5月17日
初登場1位 売上22.2万枚
通常盤
背中越しのチャンス(通常盤)

活動休止中のKAT-TUN亀梨和也と山下智久によるユニット。
05年の”修二と彰”以来のコンビとなる。

初回盤1は1曲+ビデオクリップ&メイキングを収録したDVD付。

初回盤2は亀梨和也ソロ「~Follow me~」、山下智久ソロの「BIRD」、2人で歌唱する「SUPER FUNKER!!」、そのカラオケを収録。

通常盤は異なるC/W2曲+「背中越しのチャンス」カラオケ、C/Wのカラオケを収録。




1.背中越しのチャンス

2人が主演、出演しているドラマ『ボク、運命の人です。』主題歌。修二と彰の時は19歳と20歳だった2人もOVER 30’s WORLD。当時は2人ともイマドキの若者っぽさ全開で尖った雰囲気もあったが、30代になってすっかりいい大人になった。ここでクールに攻めるのではなく、あえてグッと明るくポップな方向にしてきたのは上がつっかえているので30代前半程度ではまだまだ若手扱いに変わった今だからこそという感じがする。ロックバンド的なバンドサウンド風+管弦風の音も鳴っていて全乗せみたいなアレンジだが、ラッパ系の音が入ると一気に曲がライトでポップになる。なんだかんだジャニーズここにありを改めて感じられる1曲。
★★★★☆

以下通常盤のみ
2.Forever Summer

作詞:山下智久、亀梨和也、作曲:山下智久、亀梨和也、西澤善、と表記されていて編曲表記が無い。西澤善が単独編曲なのを表記ミスしたのか、作曲の3人が共同で編曲もしているのかは謎。山下の方が特に制作環境をそれなりに整えているらしいので、DTMでアレンジも同時に行うような作り方をしていたっぽいし、クールな打ち込みナンバーになってていかにもDTM制作みたいな感じなので、2人がデモみたいな鼻歌メロディをアレンジャーが完成させたみたいなパターンではなく、2人が詰めて作った楽曲と思われる。正直クール一辺倒なトラック重視なので2人が共作したというトピックが無いと印象に残りにくい曲ではある。
★★★☆☆

3.逆転レボルシオン

イントロの一部にどこかで聞いたようなフレーズが紛れ込み、さらに”「Si」”とか”アミーゴのその向こう”などあかさらまなフレーズも散りばめれあれから10年以上が経過した今を描いたような「青春アミーゴ」へのアンサーソング。並ぶほどのインパクトは無いが「青春アミーゴ」の大ヒットを懐かしむ世代が思わずニヤリとするような1曲。
★★★☆☆

背中越しのチャンス(初回限定盤1)
亀と山P(亀梨和也・山下智久)
ジェイ・ストーム (2017-05-17)
売り上げランキング: 82
背中越しのチャンス(初回限定盤2)
亀と山P(亀梨和也・山下智久)
ジャニーズ・エンタテイメント (2017-05-17)
売り上げランキング: 78
背中越しのチャンス(通常盤)
亀と山P(亀梨和也・山下智久)
ジャニーズ・エンタテイメント (2017-05-17)
売り上げランキング: 42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*