Rain/亀梨和也

2019年5月15日
初登場1位 売上15.2万枚
通常盤

Rain (通常盤)

KAT-TUN内でのソロ名義楽曲、修二と彰、堀田家BAND、亀と山Pでのグループ外の相方とのデュオでのソロ活動はあったが、今作が完全なソロデビュー作。

初回盤AはC/Wが「現在」、DVD2枚付でビデオクリップ&メイキング、2017年のソロコンサートの模様を収録。
初回盤BはC/Wが「手をのばせ」「道」、「手をのばせ」のビデオクリップ&メイキング、「亀さんぽ♪」、2017年のソロコンサートのAとは別日のライブのメイキング&ダイジェスト収録DVD付。
通常盤はC/Wが「手をのばせ」、「Plastic Tears」「VANILLA KISS」。




1.Rain

自身主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』主題歌。シリアスなミディアムナンバー。いつものようにKAT-TUNとして主題歌ではなくソロ曲になったのは謎だが、割と歌い上げる曲で踊る曲ではない感じなのでだったら1人で歌い上げる方が向いている曲…だからだろうか。色気のある歌声含めてこれはユニゾンやソロパート回しで歌うよりはソロ曲って感じはする。KAT-TUN内でソロ曲やっているのと、デュオでの別ユニットも何度かやっているのでソロというところに意外と新鮮さが無かったりもするが…。
★★★☆☆

初回盤B・通常盤のみ
2.手をのばせ

日テレ系のプロ野球中継及び『Going!Sports&News』テーマ曲。今作唯一(初回盤のみの2曲は聞いてないので通常盤の中で)の爽やかナンバー。個人的に最も好みなバンド風サウンドの爽やかソングなので当然今作の中ではずば抜けて馴染みやすい1曲。作詞:相田毅、作曲:柳沢英樹、編曲:CHOKKAKUとなっていて国内メンバーで固めている上に、作詞と編曲の人はSMAPから馴染みのある作家でもあり、安心感もある。ただ曲調的には1人じゃなくて集団、つまりKAT-TUNでやっても良かったんじゃないかとは1番思う曲でもある。
★★★★☆

以下通常盤のみ
3.Plastic Tears

クールなダンスナンバー。好みではないがひたすらカッコいい。
★★★☆☆

4.VANILLA KISS

BijoudeのCMソング。色気を前面に出した大人っぽい雰囲気の曲。
★★★☆☆

Rain (初回限定盤1)
Rain (初回限定盤1)

posted with amazlet at 19.06.20
亀梨和也
ジェイ・ストーム (2019-05-15)
売り上げランキング: 416
Rain (初回限定盤2)
Rain (初回限定盤2)

posted with amazlet at 19.06.20
亀梨和也
ジェイ・ストーム (2019-05-15)
売り上げランキング: 678
Rain (通常盤)
Rain (通常盤)

posted with amazlet at 19.06.20
亀梨和也
ジェイ・ストーム (2019-05-15)
売り上げランキング: 200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*