BAN/櫻坂46

2021年4月14日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上42.4万枚
初登場13位 売上0.8万DL(BAN)
初登場2位 売上0.5万DL(Special Edition)

前作から4ヵ月ぶり。改名後2作目。後年ほどどんどん滞っていったが、欅坂46時代の1年目のリリースペースへと戻った。

前作に続いて櫻エイトシステムを継続。櫻エイトの8人は前回と全く同じでセンター森田ひかる、C/Wセンター藤吉夏鈴、山﨑天のセンター3人、終始センターサイドを固める小林由依、渡邉理佐の1列目は完全固定で、2列目は配置が多少変わっただけとなる。

3列目の残りのメンバーのチョイスには変動があり、前作表題曲参加の尾関梨香、守屋茜、武元唯衣が外れ、井上梨名、守屋麗奈、渡辺梨加が代わりに入った。いずれにせよ1列目2列目は8人固定全曲参加、3列目は曲によって入れ替わり、一応全員参加という事になっている。「櫻坂の詩」のみ初の全員参加曲

前作を最後に2期生の松平璃子が突如卒業。Type-A,Bの特典映像に収録された『櫻坂46 デビューカウントダウンライブ!!』は在籍時だったため最後の参加映像となった。

Blu-rayは「BAN」MVのみ共通。MVはセンター3人の1曲ずつ3曲しか制作せず、それ以外は特典映像で構成する変則的な内容となった。

「BAN/櫻坂46」の続きを読む…

Nobody’s fault/櫻坂46

2020年12月9日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上49.7万枚
初登場18位 売上0.6万DL(単曲)
初登場2位 売上0.66万DL(Special Edition)

B08L926PWC

欅坂46から櫻坂46に改名しての再デビュー作。
欅坂46のラストシングル(配信)「誰がその鐘を鳴らすのか?」からは4ヵ月ぶりだが、CDシングルとしては1年7ヵ月ぶり。

「誰がその鐘を鳴らすのか?」は全員参加曲だったので2期生全員がこの曲がデビュー作となったが、シングルCDデビュー作は今作となった。「誰がその鐘を鳴らすのか?」参加メンバーから欅坂46終了直前に石森虹花が卒業、終了と同時に佐藤詩織が卒業して2名少なくなった26人体制

初の選抜形式となっているがAKB48から連なる選抜形式とは方針を変え、C/W含めた全7曲全てが14人編成、1,2列目を構成する8人が7曲全て固定“櫻エイト”と称された。残る3列目6名が曲によって異なる。1曲も参加していないメンバーはいない。さらに櫻エイトの中から2期生の森田ひかるが3曲、藤吉夏鈴、山﨑天が2曲ずつセンターとなっていてセンターは3人で固定された。3人以外のポジションは固定で3列目もセンターによって固定されているため、メンバーの組み合わせはそのまま3パターンしかない。

Type-A,B,C,D,通常盤で3曲目が全て異なる。
A~DのBlu-rayは表題曲MVのみ共通。A,Bは2020年7月16日に行われた配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」の模様を前編(A)、後編(B)に2分割して収録。C,DはC/WのMV1曲ずつ、2期生のみの個人PVを収録。2期生個人PVのうち関有美子・田村保乃・松田里奈・森田ひかる・井上梨名・武元唯衣・藤吉夏鈴・松平璃子・山﨑天の映像は、昨年に予定されていたシングルのリリースに向けて制作していたものと告知されている。欅坂46の発売中止になった9thの特典映像として2期生の個人PVの制作は完了していたようだ。それにその後新たに加わった新2期生の個人PVを今作用に新規制作したという事だろう。

「Nobody’s fault/櫻坂46」の続きを読む…