アス/LUNKHEAD

2020年3月12日
Amazon・公式通販限定

アス

2018年のライブ会場限定シングル「小さな反逆」以来のシングル。
デビュー以来所属していた事務所直球での最終作。

2019年4月のアルバム『plusequal』を引っ提げてのツアーFINALチケットが全く売れず事務所も危うい事を聞かされたボーカル小高がショックのあまりにありのままの事態を告白する騒動を遠因として結果チケットは売れベスト盤とそれを引っ提げてのツアーも決定はしたが、それを持って事務所直球から離脱して独立する事が決定。ベストツアー「ALL TIME SUPER TOUR」終盤になってこの事実が公表されたため、ツアーと今作が事務所直球での最終作となった。

今作はツアーで作り上げていく曲として制作が開始され、リハでも演奏せずにツアー19本本番(アンコール)のみで演奏してアレンジを練っていく形で楽曲が完成していった。完成版がスタジオ録音された1曲目の「アス」で5曲目の弾き語りVer.が最初の原型、2019/10/15 RADIO ver.がラジオにて小高と山下で披露したアコースティックアレンジ、2019/10/18松本ALECX ver.がバンドでの初披露となったツアー初日ライブ音源、2020/2/16名古屋Electric Lady Land ver.が最終公演1つ前の最新ライブ音源となっている。

当初はツアー最終日3月12日Shibuya TSUTAYA O-EAST公演で発表される予定だったようだが(発売日が3月12日になっている)、ライブが無限観客ライブと称した生配信になった事で通販限定販売となった。

ツアーの先々で観客とライブの模様、地元での小高のソロショットを掲載した「ALL TIME SUPER TOUR」ブックレット付(フォトブックというかパンフレットみたいな冊子)。
ブックレットと同様の素材を使用したギター山下によるMVが制作されたが素材が膨大だったためかMVは3バージョン作られた
小高のソロショットが多いのは地元帰還時に山下がカメラマンとなって小高を撮影し、残りの2人のメンバーは別行動だったため。

「アス/LUNKHEAD」の続きを読む…

小さな反逆/LUNKHEAD

2018年9月28日(ライブ会場限定)
2018年12月14日(公式通販販売開始)

ライブ会場限定での新曲+ライブ音源11曲を収録したスペシャルシングル。
これまで同様にツアーがすべて終了した後に公式通販で販売開始された。

紙のパンフレットにCDがはめこまれているCD付属パンフレット仕様。

「小さな反逆/LUNKHEAD」の続きを読む…

心音/LUNKHEAD

2018年4月14日
配信限定

心音

配信シングル3ヶ月連続リリースの第1弾。

2017年はライブ会場&通販限定のセルフカバーアルバム『REACT 2』の発売のみで新曲リリースは無かったので、2016年のアルバム『アリアル』以来の新曲「心音/LUNKHEAD」の続きを読む…