G4・V-Democracy 2019-/GLAY

2019年7月2日
初登場2位 売上4.5万枚

G4・V-Democracy 2019-(CD ONLY)(特典なし)

『G4』シリーズの第5弾。2~4はメンバー1人1曲作曲というフォーマットだったが今作は全員作曲ではなく、TAKURO1曲、TERU3曲という配分。また新曲4曲でもなく、4曲目「YOUR SONG」は前作のリメイクとなっている。

DVD付は「JUST FINE」「COLORS」MV、「GLAY MAKING OF HAWAII」収録。

セブンイレブン限定盤『G4・Ⅶ-Eleven-』と題されており、実質別商品。収録内容は最早4曲でもセブンでもイレブンでもなく、共通は「JUST FINE」のみ、2曲目は「愁いのPrisoner(ピアノ&ストリングスVer.)」、DVDには「DEMOCRACY MOVIE」、「JUST FINE」「愁いのPrisoner」MV、「GREAT VACATION(GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM)」、「BEAUTIFUL DREAMER(GLAY DOME TOUR 2005 WHITE ROAD in TOKYO DOME)」収録。一応CDとDVD合わせてトラック数は7にはなる。

しかし今回シリーズ第5弾なわけだけど、シリーズが6,7作と続いた場合は今回セブンイレブン限定盤なのでⅦ-Eleven-というギャグをかますためだけに7を使ってしまったのでどうするんだろうか。




1.JUST FINE

TAKURO曲。90年代から変わらぬこれぞGLAYなロックナンバー。真新しさは無いけど、25周年を迎えたGLAYの今、といった貫禄の1曲。
★★★☆☆

2.はじまりのうた

TERU曲。亀田誠治だけでなく、村山☆潤も共同アレンジャーとして参加。恒例となっているアニメ『ダイヤのA actⅡ』OPタイアップ。同タイアップと近年のTERUによるA面曲同様に爽やかで瑞々しいポップロックナンバー。ただ爽やかという印象以外には意外と印象に残りにくい。
★★★☆☆

3.COLORS

TERU曲。亀田誠治だけでなく、村山☆潤も共同アレンジャーとして参加。『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』主題歌。父と子の話らしく、父子関係を歌詞に落とし込んでいるため、普段の若々しいTERUの曲よりもグッと大人っぽく、ちょっとTAKUROっぽいところがあるような。
★★★☆☆

4.YOUR SONG feat. MISIA

TERU曲。亀田誠治だけでなく、DJ Massも共同アレンジャーとして参加。前作(両A面2曲目)のリメイクで今回はMISIAとデュエットしているバージョン。MISIAに真っ向勝負するかのようなキーの高さが少しギリギリすぎる気がしなくもないがかなり明るくはじけたナンバーだけにここまでの3曲よりもインパクトが物凄い。これがここで来てしまうと今回の新曲3曲、実にGLAYだけどちょっと印象弱い感じではあるか。
★★★★☆

G4・V-Democracy 2019-(CD+DVD)(特典なし)
GLAY
ポニーキャニオン (2019-07-02)
売り上げランキング: 263
G4・V-Democracy 2019-(CD ONLY)(特典なし)
GLAY
ポニーキャニオン (2019-07-02)
売り上げランキング: 1,605
【限定盤】G4・VII-Eleven- (G4・V-Democracy 2019-限定盤)(CD+DVD)
GLAY
ノーブランド品
売り上げランキング: 9,991

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*