HELLO EP/Official髭男dism

2020年8月5日
初登場2位 売上8.2万枚
売上12.4万DL(Laughter)
売上9.6万DL(HELLO)

B08BRZ5DS7

「I LOVE…」から半年ぶり、EPとしては3作目。タイアップのついた新曲3曲はタイアップに合わせて「パラボラ」は4月、「HELLO」「Laughter」は7月に先行配信されていた。加えてデビュー前の自主制作ミニアルバム『パレードでおわかれ』収録曲の「夏模様の猫」を収録。

CD+DVD、CDの2種発売。DVDには「Official髭男dism Tour 19/20 -Hall Travelers-@パシフィコ横浜2020.02.10」から10曲と特典映像を収録。




1.HELLO

フジ系『めざましテレビ』テーマ曲。今年度(3月30日)より使用開始されていて、今作のタイアップ3曲の中では最も早く使用されていたが、先行配信は最も遅いCD発売目前の7月24日だった。当初「Hello」の表記で6月まで使用されていたが最終的に「HELLO」表記になった模様。

前向きで明るい要素しかない陽性120%なポップナンバー。早くもヒゲダンらしさを完全確立したようでもあり、絶対的な安定感もある。朝のテーマ曲としても何気にあまり1日の始まり感は無いが前向きさがあるので非常に合っているんじゃないかと思う。
★★★★☆

2.パラボラ

カルピスのCMタイアップ。OA開始と同時に4月10日に配信されていた。「HELLO」と同系統の明るく前向きなポップナンバーだが、CMが新生活をテーマにしたものだったので職人的に合わせてきて新生活へのワクワクと希望を描いている。この春に新生活を迎える学生・新社会人が後年あの頃の思い出の1曲として挙げまくる曲になる…はずであったが、現実はまさかの緊急事態宣言により学校は無くなり、社会人生活のスタートもままならなかったものが大半と思われ、この曲と共に華やかに新生活をスタートさせた国民などほとんどいなかったのではないかという最悪の春であった。最早絵空事のように響いたのか、それとも絶望の中の救いとして機能したのか、後者の新生活リスナーが多いことを願う。
★★★★☆

3.Laughter

映画『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』主題歌。連ドラ、前作の映画に続いての3連続新曲での起用。当初GW映画になるはずだったため恐らくそのタイミングでの配信が予定されていたと思われるが、映画が7月まで延期になったため、今作もそれに合わせて7月10日に配信された。

「ノーダウト」→「Pretender」と系統が異なっていたので今回も同じタイアップとはいえ系統は異なるやや雄大なナンバー。大ブレイク作となった「Pretender」のタイアップ的には後継としてはさすがに及ぶ勢いはないものの今や何を出しても一定以上の勢いがあるという絶頂期モードに突入しているだけにこれも十分いい曲。
★★★★☆

4.夏模様の猫

現在流通している最古の作品は2015年のミニアルバム『ラブとピースは君の中』だが、それ以前に自主制作盤CDとして発売していて現在超高額でプレミア取引されている6曲入りミニアルバム『パレードでおわかれ』1曲目に収録されていた曲。強力なタイアップ3曲に対してノンタイアップかつピアノ1本でさらっと歌われて終わる小曲(歌詞も2ブロック8行しかない)。公式インタビューに再録音だが中身はいじってない(元からピアノ弾き語り)と語っているのでピアノ演奏と歌が上達しているという違いがあるらしい。

ソングライティングも文字通りに急成長してきたと思うので今の3曲と並べるとどうにもエンディングのおまけ以上の印象にはならないが(これも名曲と思えればファンになれるんだろうけど)、EPとして締めくくる1曲としてはありなのかもしれない。A面ばかり続いてもねっていうのもあるし、ある程度王道が固まってきたのでここからは終始絶賛するファンとヒゲダンって毎回同じだよねってなってきて離れていくライトとで二極化してくる事もあるだろうし。
★★★☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*