YEAH YEAH YEAH/憧れのStress-free/花、闌の時 /ハロプロ・オールスターズ

2018年9月26日
初回盤
初登場1位 売上18.9万枚

YEAH YEAH YEAH/憧れの Stress-free/花、闌の時(初回生産限定盤)(DVD付)

平家みちよとモーニング娘。の合同FC「Hello!」設立を起点としてのハロープロジェクト20周年記念オールスターユニットによるシングル。

FC名が「Hello! Project」に改称となり、合同ライブ等でもこの名称が使われるようになったのは実際には99年以降である。それまでは小室ファミリーになぞらえてつんくファミリーという言い方がメディアでは一般的であり、1度でもつんくの提供を受けた事務所外部の歌手もつんくファミリーの定義に含んで扱っていた。しかし「Hello! Project」を強く押し出すようになったため、いつしか「ハロプロ」の略称や定義が定着していった。

今作には現役のハロプロ所属者のみが参加。いわゆるモー娘。OGを含めて松浦亜弥や元Berryz工房、元℃-uteメンバーら事務所に残っているメンバーもハロプロは卒業している扱いになっているため参加していない。

モーニング娘。’18
譜久村聖、生田衣梨奈、飯窪春菜、石田亜佑美、佐藤優樹、小田さくら、野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓、横山玲奈、森戸知沙希

アンジュルム
和田彩花、中西香菜、竹内朱莉、勝田里奈、室田瑞希、佐々木莉佳子、上國料萌衣、笠原桃奈、船木結、川村文乃

Juice=Juice
宮崎由加、金澤朋子、高木紗友希、宮本佳林、植村あかり、梁川奈々美、段原瑠々、稲場愛香

カントリー・ガールズ
山木梨沙、森戸知沙希(モーニング娘。兼任)、小関舞、梁川奈々美(Juice=Juice兼任)、船木結(アンジュルム兼任)

こぶしファクトリー
広瀬彩海、野村みな美、浜浦彩乃、和田桜子、井上玲音

つばきファクトリー
山岸理子、小片リサ、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの、浅倉樹々、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒

BEYOOOOONDS・CHICA#TETSU
一岡伶奈、島倉りか、西田汐里、江口紗耶

BEYOOOOONDS・雨ノ森川海
高瀬くるみ、前田こころ、山崎夢羽、岡村美波、清野桃々姫

参加メンバーは以上。BEYOOOOONDSというのはデビュー前の新人で、BEYOOOOONDSというグループにCHICA#TETSU、雨ノ森川海という2組のグループが所属する扱いらしい。

初回盤は「YEAH YEAH YEAH」「憧れのStress-free」の2曲のMVを収録したDVD付。
通常盤はA~FまでそれぞれBEYOOOOONDS以外のグループ盤となっていて、「YEAH YEAH YEAH」をそれぞれのグループが歌ったバージョン追加収録されている。

「花、闌の時」もMVが制作されているが何故か未収録となっておりYou Tube公開のみ。

現在のモーニング娘。’18を遥かに上回る初動18.2万枚記録して1位を獲得したが、2週目には22位まで急落し、2週目以降1万枚も上乗せできない事態となった。




1.YEAH YEAH YEAH

編曲は大久保薫。タイトルの感じほど元気ではないピースフルな人間賛歌。1番知られている曲でいうとモーニング娘。のかつてのヒット曲「I WISH」のようにつんくは夢はかなう系よりもこういった人間賛歌、生きるって素晴らしいというメッセージを込めた曲の方が得意としている印象がある。まあ基本は女の子の恋心を詳細に捉えたような歌詞が多いけど。近年はアレンジやギミック重視であまりこういう曲も出ていなかった印象があるし、さすがにもうメロディー重視の曲を書くとシャ乱Qや00年代前半頃を越えてくるような印象にはならないが、ギミックなしのストレートなメッセージソングだけにもっと素直に受け取れば普通にいい曲。しかしこういうピースフルな曲をやるならEDM路線の中核を担った大久保薫よりも昔起用していた高橋輸一とか鈴木俊介とか河野伸とか小西貴雄とか呼び戻したほうが合っていたような…。全部★3だけど3A面の中ではこの曲がわずかに1番いいと思う。
★★★☆☆

2.憧れのStress-free

編曲は平田祥一郎。こちらは近年得意とするメロディーよりアレンジャーの手腕やギミックによるインパクトに主眼を置いたリズミカルな楽曲。モー娘しか聞いてないので何とも言えないがなんか普通にここ5年くらいのモー娘。が複数A面で歌ってそうな1曲
★★★☆☆

3.花、闌の時

作詞作曲:小椋佳、編曲:上杉洋史。御年74歳の超ベテランを突如起用してのまさかの合唱曲。合唱風ではなく完全な合唱曲で、AKB48の「桜の栞」のようといえば分かりやすいけど、確実に「桜の栞」と比較される上に物凄く今更とか言われそうな事をあえてやるとは…。スススストレス♪(憧れのStress-free)とか聞かされた後に、純・合唱曲して誰が喜ぶのかというのもあるけど、こういうのこそNコンの課題曲にふさわしい純・合唱曲という感じもする。色々もったいない。
★★★☆☆

4.ハロー!ヒストリー【Additional Track】

作詞作曲:前山田健一、編曲は平田祥一郎。Additional扱いでの20周年記念ソング。『二十歳のモーニング娘。』でメンバーの歴史を綴った「WE ARE LEADERS!~リーダーってのもつらいもの~」を提供したのに続いてここでもハロプロ20年の歴史を歌詞に盛り込みまくったスペシャル感溢れる楽曲を書いてくれたのは前山田健一だった。つんくが昔からこういう曲全く書かないので、今回も当時リスナーだったと思われる前山田健一がこの役目を担うことになったけど、本当に彼がいて良かったと思う。平田祥一郎なのにわざわざアレンジをディスコ調にしている辺りもたぶん前山田健一にとってもあの頃のイメージが強いからだろうし。

この曲ではグループごとに歌唱していて歴史の古いグループから新しいグループへ向かっていくが、歌詞中で示唆される歴代のグループはみんな参加していない。よく考えたら20周年といっても現役しか参加していないのでメンバー全員が後半10年も関わってないんだよな…。モー娘でOG展開やってしまったので、同じ年にハロプロ全員集合は現実的ではなかったとはいえ、あんまり20周年の歴史を背景に出しても肝心の歌い手にその思い出が無い、思い出があるのは昔聞いていたオッサンオバサン達だけ…というねじれ現象になってしまうのか…。
★★★☆☆

DVD

1.YEAH YEAH YEAH(Music Video)

特に凝ったところも無い全員でのダンス主体のシンプルなMV。ハロプロらしいといえばそうなのかもしれないけど、とりあえず大勢いる以外に特に何も浮かばない…。

2.憧れのStress-free(Music Video)

オールソロカットの映像を窓枠を組み替えながら次々表示するというソロショット集みたいなMV。恐ろしくシンプルだが、この人数だととりあえず素材として全員分のソロカットをフル尺映像収録×人数とすれば撮影スタッフの拘束時間だけはべらぼうに長くなるのかと思ったらけっこう大変だなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*