WE DO/いきものがかり

2019年1月1日
配信限定
初登場8位 売上2.3万DL
初登場15位 累計0.7万P

17年の放牧宣言で活動休止、18年11月に集牧宣言で活動再開を告知、12月31日の紅白出演で本格的に活動を再開し、年明けと同時に配信限定で発売された。集牧時にFC会員限定で新曲が配布されていたらしいがそれとは別の新曲。

16年8月「ラストシーン/ぼくらのゆめ」以来のシングルであり、初の配信限定シングル。ストリーミングでも即日解禁された。




WE DO

メンバー出演ソフトバンク新CMシリーズ第一弾『しばられるな』篇CMタイアップ。You TubeではショートサイズのMV公開だが公式サイトにも掲載していないクレジットがYouTubeの情報欄に記載されており、作詞作曲:水野良樹、編曲:近藤隆史,田中ユウスケ、ストリングス編曲:美央、ホーン編曲:本間将人とされている。本・亀・島ではなくバラードでもなく、勢い溢れる突き進むようなサビの連発、派手に彩るブラスサウンドやギターサウンドなど再開の気合を存分に感じると同時にこれは何か変わるのかもしれないという期待が膨らむ1曲。1曲目がこういう曲というのは非常にワクワクする。サビ始まりからラララパートに突入して平メロになるがこれは1回のみでもう1度サビに突入するとそのままラララパートまで一直線に駆け抜けて4分程度で終了。通常のAメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、サビという構成をあえてぶち抜いているが、いきものがかりの場合まずサビが長すぎる事が多いので通常編成にするだけで5分6分になってしまうが、今作はサビが長いものの構成が短いため本来ポップミュージックとしてあるべきコンパクトなところに収まった感じ。王道を掲げながらも曲の長さにおいては決して王道ではなかったいきものがかりだが、これを機に3分4分でしっかりまとまったポップスを聞かせてくれるなら楽しみだ。それであればここぞという時にド王道の大作バラードが来てもとても映える。まあ今回たまたまで結局いつものバラード連投、アベレージ5分6分台の特盛J-POPになりそうな気もするが…。
★★★★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*