望郷東京2020/GOING UNDER GROUND

2020年5月30日
公式通販配信・サブスクリプション限定

サブスクリプションでの配信は「望郷東京2020」1曲のみ。

GOING UNDER GROUND通販サイト限定ダウンロード版はもう1つの新曲「固結び」、最初に松本がiPhoneに吹き込んだ「望郷東京2020(naked iPhone ver.)」が追加され、2曲のMV動画ファイルジャケット画像歌詞カード画像ジャケットペーパークラフトデータがセットになっている。このためCD-Rとケースとプリンターがあればユーザーが自分でCDパッケージを作ることが可能となっている。またMVはYou Tubeでも公開されている。

購入後、音源はflac、m4a、mp3の3種から選択可能。特に表記されていないがFLAC音源「望郷東京2020」のみハイレゾ仕様となっている模様(この曲だけ異様にサイズが大きくMusic Centerで取り込んだところハイレゾであるHRマーク判定になった)。




1.望郷東京2020

暗めのミディアムナンバー。ほぼアコースティック編成だが途中からノイジーなロックサウンドが展開しドラムも入ってくる。クレジットによればギター中澤がドラムを演奏しているらしいが、当然ドラム演奏は初。演奏できたのか…。やたらノイジーなサウンドに仕上げているのは正規のドラマーでないのも関係しているのか…?GOING UNDER GROUND自体が事務所も辞めて個人経営で細々繋いでいる状態で、そんな中でライブも封じられて…となるとどうにも明るくなりようはないが、かなりトーンの低い精神状態で書かれた曲なのかなという落ち着きっぷり。通常モードの新曲はまだ当分聞けないか…。
★★★☆☆

2.固結び

一部ギターを重ねている部分もあるので完全に弾き語りではないがほぼ弾き語りっぽい新曲。MVは完全な弾き語りの別音源となっている。これまたゆったりバラード。先に配信されていた「昼呑み(仮)」から3曲続けてほとんど同じようなローテンションな曲が続いているので、完全にこういう落ち着きモードである意味達観するしかないようなそんな空気も感じられる。歌詞は別にそこまで自粛の影響を感じさせるものではないんだけど曲調が3曲ほとんど同じなのがなぁ…。ただ4~5月の精神状態としては物凄く共鳴する感じでもある。
★★★☆☆

3.望郷東京2020(naked iPhone ver.)

曲が生まれた時点でiPhoneに録音した弾き語り音源。弾き語りになるとますます「昼呑み(仮)」「固結び」との区別が…。でも3曲の中でGOING UNDER GROUNDとしてやるなら確かにこの曲が1番ではあるか。
★★★☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*