抱き寄せ 高まる 君の体温と共に/WANDS

2020年5月20日
初回盤、通常盤
初登場3位 売上0.8万枚

B086B9N1P2

再始動2作目、前作より4ヵ月ぶり。
初回盤はC/Wが「Just a Lonely Boy~WANDS 第5期 ver.~」、前作の応募抽選特典だったライブ3曲とオフショット映像を6分にダイジェストしたDVD付。
通常盤はC/Wが「愛を語るより口づけをかわそう~WANDS 第5期 ver.~」。通常盤初回生産分のみMVメイキング視聴シリアルコード(8月まで)、フォトカード3種のうち1種ランダム封入。このフォトカードはタイトルにひっかけてあり温めると写真が出現する仕様となっている(平時は真っ黒)。

カバーのC/Wが違う2種発売は通常盤・コナン盤の2種だった前作同様だが、そのまま2種別々に配信された前作と異なり、今作の配信では初回通常の区別なく3曲をまとめた1種配信となっている。

シングルトップ3入りは2期WANDS96年の「Same Side」以来、トップ10入りは3期WANDS98年「明日もし君が壊れても」以来となった。

「抱き寄せ 高まる 君の体温と共に/WANDS」の続きを読む…

真っ赤なLip/WANDS

2020年1月29日
通常盤、名探偵コナン盤
初登場14位 売上1.1万枚

真っ赤なLip (通常盤)

2000年に解体したWANDSの再始動作。2期3期メンバーの木村真也、1期2期メンバーの柴崎浩に新ボーカリスト上原大史を加えた新たな編成で今回のWANDSは4期を飛ばしていきなり5期とされている。

4期は再始動を決意して準備を進めていた2018年に1期メンバー大島こうすけ、柴崎浩、上原大史での3人体制を指している。この4期はリアルタイムでは一切非公表のままで結局大島は裏方に専念するとしてメンバーからは離脱したため、1期→2期の時と同様に木村真也が加わって5期として再始動が発表され、4期はこうでした、という説明が加えられた。また上原をメンバーに引き合わせたのは長戸大幸であると明言されている。

新ボーカルの上原大史は一部ではビーイングで活動している真天地開闢集団-ジグザグのボーカル命(みこと)ではないか、DAIGOの『Deing』にコーラス参加していたシンガー灰原大介ではないか、など複数の別名義での活動を指摘する声があるがWANDS公式としては名前以外は公表していない。いずれにせよ上杉昇のUesugiをWesugiにしてギタリストShibasakiと合わせてW and SでWANDSという後付け設定にしてからは3期メンバーもWaku and SugimotoとWとSのイニシャルを徹底(後に2人とも本名で活動していてWANDSでの名前が芸名だったことを明かしている)していたので、上原もWeharaで合わせた芸名なのは確実と思われる。

3期での木村真也は始動直後こそ2期末期と同じデカメガネスタイル(加入当初「世界中の誰よりきっと」「時の扉」シングル盤ジャケットではメガネをしていない)だったがやがて長髪&サングラス姿へとトランスフォームして活動を終えていたが、5期WANDSにおいては2期時代のトレードマークであったデカメガネ姿に戻っていて当時を再現したスタイルとなっている。

初回盤の発売は無く、通常盤と名探偵コナン盤の2種発売。C/Wが異なり、通常盤は「時の扉~WANDS 第5期 ver.~」、コナン盤は「もっと強く抱きしめたなら~WANDS 第5期 ver.~」「真っ赤なLip-TV size-」を収録。2種ともカラオケは収録されていない。

「真っ赤なLip/WANDS」の続きを読む…