話がしたいよ/シリウス/Spica /BUMP OF CHICKEN

2018年11月14日
通常盤
初登場3位 売上7.2万枚

話がしたいよ / シリウス / Spica (通常盤)

初回盤は各楽曲のタイアップ先とのコラボMVを収録したDVD付。

「シリウス」は今作の発売告知前に配信シングルとして発売されていた。「話がしたいよ」は今作の発売告知後、今作発売の1ヶ月前に実質的に先行配信という形で配信シングルとして発売された。




1.話がしたいよ

映画『億男』主題歌。徐々に盛り上がりを見せていくバラードナンバー。ラララ合唱も入って盛り上がる割には大作にはならずに4分10数秒程度とコンパクトにまとまっているのはBUMPも一時期出す曲出す曲かなり長くなっていた時期もあっただけに珍しいかも。大きなインパクトは無いがバンドの円熟味が良く出た1曲といった印象。
★★★☆☆

2.シリウス

配信シングルのCD化。今作の中でも格段にBUMP王道な1曲。感想はさすがに時間も経ってないので前と同じ。
★★★★☆

3.Spica

「シリウス」がOPのアニメ『重神機パンドーラ』ED。チキチキタカタカした打ち込みをメインに進行するバラード。3曲の中では新しい一面を見せた1曲だと思う。

この曲自体は4分10秒ほどで終わるがその後延々と無音が続き通常だとこの後で隠しトラックが来るところだが11分25秒まで無音が続いた挙句にそのまま終わるという”外し”の仕掛けがある。何故にこんな無駄な仕掛けが施されているのかというと3A面全曲の時間を足すと20分18秒すなわち2018になるらしい。実際には3曲で13分程度しかないので、20分18秒に達するまでの残り時間ををこの長大な無音で稼いだという事のようだが、機器によっては表示される曲の収録時間に微妙にズレが生じるので伝わらないリスナーには伝わらないかも…。
★★★☆☆

S.T.山よ

「Spica」の盛大な無音があったので4曲目冒頭から隠しが始まるのかと思いきや7分以上もの無音を経てようやく始まる。7分9秒というのはメンバーが79年生まれである事に由来するとされている。また最終的にCDの合計時間が30分ちょうどで平成30年というネタも仕込まれているらしい。20分18秒と7分9秒がたぶん先にあったので、この曲の長さは30分ちょうどに到達するまでの残り時間だとカッチリ決められて調整されていたという事だろうか。もし生まれ年が1959年より前の年号だったら19分以上待たされたかもしれないので79年生まれで良かったぜ
昭和歌謡コーラスグループ風味のユルすぎる1曲。久々の遊び曲だが想像の圏外からやってくる珍作はやはり面白い。
★★★☆☆

話がしたいよ / シリウス / Spica (初回限定盤)(CD+DVD)
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー (2018-11-14)
売り上げランキング: 367
話がしたいよ / シリウス / Spica (通常盤)
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー (2018-11-14)
売り上げランキング: 1,001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*