君とどこかへ行きたい/HKT48

2021年5月12日
Type-A
初登場2位 売上17.7万枚

B08YYY5JD4

またしても1年ぶりの新曲でこれにて2018年から4年連続4~5月頃にシングル1枚ポッキリとなった(一応今年もう1枚出れば3年連続で止まった事にはなる)。

12人ずつ1~3期+ドラフト1,2期生からのつばめ選抜、4,5期+ドラフト3期生からのみずほ選抜同じ曲を2つの選抜で歌唱している。両方のMVが制作され、それぞれ別視点からの物語が展開しているが、CD上は1曲目は全てつばめ選抜、2曲目がみずほ選抜で統一されており、あくまでメインはつばめ選抜という扱いになっている模様。

曲数を減らして発売種を増やす錬金術がより複雑化した。

C/WはA,Cに「シンデレラなんていない」、B,Dに「UFO募集中」、劇場盤に「この道」と3曲しかないが一般発売はA~D4種、劇場盤は内容は同じでジャケットが異なるA,Bの2種発売。

DVDはA,Bにつばめ選抜のMV、Aにメイキング、Bに「HKT48大晦日スペシャルイベント~やりたかったあのライブ~(西日本シティ銀行 HKT48劇場)Documentary前編」を収録。
C,Dにはみずほ選抜のMV、Cにメイキング、Dに「HKT48大晦日スペシャルイベント~やりたかったあのライブ~(西日本シティ銀行 HKT48劇場)Documentary後編」を収録。

連作になっているつばめ選抜、みずほ選抜のMV2本は一緒に収録されていないので最低2種買わないと揃える事ができない。またMV&メイキングが揃うA&C、特典のドキュメント映像の前編後編を揃えようとB&Dを選択した場合はCDのC/Wが同じ曲になってしまう…という巧みな複数商法の組み合わせが展開している。

5月29日で活動を終える森保まどかの最終参加作品(劇場盤C/Wでソロ曲も収録)。

IZ*ONEの活動を終了した宮脇咲良、矢吹奈子はHKT48へ復帰はしたが参加はしていない。また発売直後に宮脇咲良が卒業を発表し、6月の卒コンで活動を終えてしまうためCDシングルとしては新たな参加作は無いまま2018年の「早送りカレンダー」が最終参加だった事になった。卒業曲「思い出にするにはまだ早すぎる」は制作され、6月20日に配信で発売された。

デビューから13作連続1位(アルバム含めて14作)だったが、Hey!Say!JUMPとぶつかって2位となり初めて1位を逃す事態となった。




1.君とどこかへ行きたい – つばめ選抜

栗原紗英、神志那結衣、坂口理子、坂本愛玲菜、田島芽瑠、田中美久、渕上舞、松岡菜摘、松岡はな、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか

1~3期+ドラフト1,2期生からの選抜。センターは田中美久。田中美久のセンターは「早送りカレンダー」での矢吹奈子とのWセンター以来2度目単独初センター。なお「早送りカレンダー」は前々々作ではあるが、年1リリースなのでもう3年も前である。

作曲はちょいちょい48/46系列で出てくる川浦正大、編曲はおなじみの野中“まさ”雄一。ごく標準的な爽やかアイドルポップナンバーだが、野中“まさ”雄一の作風が全盛期のコテコテ煌びやかなぎっしり詰め込みまくりな感じからもう少しライトな感じになったのでうるさく感じずに聞きやすい。ストレートにメロディー勝負で聞かせる良曲だと思う。今作は本当にサビのメロディーが良い
★★★★☆

2.君とどこかへ行きたい – みずほ選抜

石橋颯、運上弘菜、小田彩加、上島楓、堺萌香、武田智加、竹本くるみ、地頭江音々、豊永阿紀、松本日向、水上凜巳花、渡部愛加里

4,5期+ドラフト3期生からの選抜。センターは運上弘菜。センターは前作「3-2」から2作連続2度目。前作といっても1年前である。

STU48の「思い出せる恋をしよう」と同様の手法でメンバーだけ変えてオケも全部同じ、声だけ違うという別バージョン。さすがに冒頭にセンターのソロパートを入れ、その後も少人数の歌唱パートで繋ぐ事で、歌い出しの声が違う事は分かるようになっているが、特に意識せずに聞くとほぼ同じ。サビのユニゾンでの違いを感じる事は至難だ。STU48の時の方が初々しさとかの差がもう少し出ていたようにも思うが…。

ていうか先輩の田中美久が19歳、運上弘菜は22歳なので、後輩の方が普通に年上。4期生でも大半が20歳を越えているので20代の先輩勢と10代の後輩勢みたいな分かりやすい差になっていない。4期生が一斉に正規メンバーに昇格したのは2017年秋だったようだが、4年連続年1でしか新曲出せていないので4期生は正規メンバーとしては3作目なのにもうほとんど10代を終えてしまったのである。アイドルで年1リリースは持て余しすぎだって…。
★★★★☆

Type-A,Cのみ
3.シンデレラなんていない

荒巻美咲、伊藤優絵瑠、後藤陽菜乃、田中伊桜莉、清水梨央、石安伊、長野雅、馬場彩華、宮﨑想乃、村上和叶、村川緋杏、山下エミリー

センターは宮﨑想乃。特に何の表記も無いが事実上の選抜外、48系列では総選挙結果シングル以外では死語となり乃木坂46しか継続して使用していないいわゆる「アンダー」枠。もう1曲のC/W「UFO募集中」と分けて、これにて今シングルで全員1曲ずつ参加(卒業する森保まどかのみソロ曲もあり)という編成にした模様。雑に全員曲とかでまとめられたり、最悪参加曲ゼロだったり(JPN化して枠を圧迫したAKB48本体で顕著になった現象)、特定のメンバーだけ複数参加するとか普段平気でやるような事は4年連続年1リリースを考慮してか回避して平等にした模様。曲自体は良メロ系のアイドルポップ。普通以上にいい曲だがそこまでは印象に残ってこない。
★★★☆☆

DVD

Type-A,Bのみ
1.君とどこかへ行きたい-つばめ選抜 Music Video

センターの田中美久が車掌、そして駅員に扮したメンバーの仕事の様子をメインにダンスシーンも盛り込んだ内容。一般乗客としてみずほ選抜の運上弘菜も登場するなど一部で繋がっていてみずほ選抜のMVでは運上弘菜らを中心とした一般乗客の目線で描かれて最後にセンター同士が再会して終わる(またしても同性愛風)という繋がった演出になっているが…。

着せられている感全開の車掌姿がカッコよくもかわいくもなく本当に着せられている感しかないのがちょっと惜しいか…。19歳女性アイドルで車掌役は着せられている感は仕方ないか(先日SKEを卒業されたあの方とか貫禄系の雰囲気なら似合うだろうけど)。しかも前述のように先輩である田中の方がが年下で車掌スタイル、後輩だけど年上の運上が学生スタイル。逆の方が良かったと思うんだけどセンター以外だとやはり先輩の方が年上多いからな…。

Type-Aのみ
2.君とどこかへ行きたい-つばめ選抜 Music Video Making Movie

そのメイキング映像。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*