It’s my life/PINEAPPLE /V6

2020年9月23日
初登場1位 売上11.6万枚

B08DD4MC7N

1年3ヶ月ぶりの新作。

ジャニーズ史上初めて活動を止めずに毎年リリースし続けたまま25周年を迎える事となり、“勤続25年の男達”がキャッチとして大々的に使用された。ブックレットのメンバー表記でも“勤続25年 V6 is…”と書かれている。

なお先輩グループは少年隊は存続年数はトップでメンバー変動も無いが活動が止まっていて毎年の新作リリースも25周年より前に止まっていた。SMAPは途中で1人脱退&「世界に一つだけの花」後遺症で04年にSMAPとしての新曲を出せずソロ作のみで連続リリースは途切れながらも24周年までは活動していたが25周年の年に解散騒動の後に解散、TOKIOは不動メンバー&毎年リリースでV6の1年先を行っていたが、山口事件による山口脱退&音楽活動停止となったためやはり記録は途切れ、結果V6がトップとなった。過去3組とも24周年で停止状態となっていたが、鬼門の24周年も突破しての快挙となる。

初回盤Aは「It’s my life」MV、メイキングを収録したDVD付。
初回盤Bは「PINEAPPLE」MV、「以心伝心!爆弾処理6」、「6×25必笑振り返り座談会」を収録したDVD付。
通常盤はC/W2曲追加収録。

6作連続両A面、3作連続のDVDサイズのトールケース仕様。

「It’s my life/PINEAPPLE /V6」の続きを読む…

ココロホシゾラ/HY

2020年9月22日
配信限定

来春発売のニューアルバムに向けての5ヵ月連続配信第1弾という位置づけ。
19年6月のアルバム『RAINBOW』以来となる新曲となり、直前にギター宮里悠平が休養に入り、発売後ツアー前の9月に脱退して4人になってからは初の新曲

「ココロホシゾラ/HY」の続きを読む…

P.S. I love you/宮本浩次

2020年9月16日
初登場5位 売上2.0万枚

B08FDM2NLZ

11ヶ月ぶりの3作目のソロシングルCD。3月の初のソロアルバムに続く新作。
初回盤は「2020 612 宮本浩次バースデイコンサートat作業場 「宮本、独歩。」ひきがたり 完全版」を収録したDVD付。

「P.S. I love you」は7月24日に先行配信されていた。
C/Wのカバー曲「木綿のハンカチーフ」が先行シングルの役割を果たしており、11月にカバーアルバムの発売が告知された。

「P.S. I love you/宮本浩次」の続きを読む…

Time Warp/Perfume

2020年9月16日
初登場2位 売上3.5万枚

2年半ぶりのシングルCD。ベスト盤からも1年ぶりの新作。

ベスト後19年11月に配信リリースされていた「再生」はC/Wで初CD化。

完全生産限定盤、初回盤はMVやメイキングを収録したDVD付。完全生産限定盤には加えて謎のカセットテープ付属(内容非公表)。

通常盤も用意されジャケット写真も異なり品番も別にあるが(UPCP5012)ユニバーサルのページに通常盤は非掲載で初回盤のところに初回盤が無くなり次第通常盤に切り替わるとしか表記されておらず、各サイトでも通常盤の販売は無く、実質レンタル専用品状態となった(通常盤のジャケットは配信用に使用された)。 「Time Warp/Perfume」の続きを読む…

DAITAN!/miwa

2020年9月9日
初登場13位 売上0.4万枚

B08F6QNRLL

9ヶ月ぶりのCDシングル。
間に配信シングル2曲を発売していたがこれまで同様に今作のC/Wとして2曲ともCD化された。

初回盤はMV&メイキング映像を収録したDVD付。 「DAITAN!/miwa」の続きを読む…

自由が丘/高橋優

2020年9月21日
配信限定

3ヵ月連続の配信シングル3作目。配信告知時はまだアルバム収録内容を公開していなかったためあくまで10周年記念の配信3作目という位置づけだった。
配信当日には今作の配信開始告知より大々的にアルバムの収録内容とジャケット写真を公開。やはり3曲とも先行だった事が正式に判明する中で、眼鏡を外したビジュアルをジャケットを新アーティスト写真として押し出した。

振り返ると実は「one stroke」で眼鏡に手をかけ、「room」で眼鏡を外して手に持ち、今作では眼鏡を持ってもいない…と眼鏡を外していく過程がジャケット写真になっていてアルバムへと繋がっていっていた。

自由が丘

初のピアノバラード。ピアノをメインにしたストバラ系という事で、00年代半ばから飽きるほど繰り返されたJ-POP王道型のバラードなので真新しさは無いが、高橋優ではかなり珍しい。そしてこういったラブソングもそんなに多くなかった。あまり恋愛には興味無さそうなイメージがあったが、なんかこの曲の運命の人に出会った感はやけに直球でこれは結婚が近かったりするのだろうか。

本人が初のピアノ弾き語りをしているMVになっているが、不慣れ全開な手元のアップがたまに映る程度で歌っているカットでは手元は全く映らない。手元と顔が一緒に映らないという明らかに弾けない人の弾いている風映像みたいな感じになっているが、MVのために猛練習したと明かされている。またレコーディングではこのいつものサポートキーボードの平畑徹也氏がピアノ演奏を担当している事も同時に明かされている。つまりMVのために猛練習してピアノ演奏を習得したので不慣れ全開な手のアップも実際本人演奏映像ではあるが、音源では当然弾いてないし、MV的な絵として感情入れた表情で集中して弾きながら歌うまでは難しいので手元と顔を一緒に映した映像は使ってないという事だろうか。

あと3ヵ月連続の配信ジャケットで徐々に眼鏡を外していた…っていうアイデアは面白かったけど、配信のジャケットなんて小さくて見にくいので顔のアップでもない限りほぼ気づかない。というかこのページにもジャケット写真が何枚か表示させているけどいずれも小さくて眼鏡あるかないかなんて正直全く判断できないだろう。スマホやウォークマンの画面に表示されるジャケットを画面いっぱいに表示してもちょっと難しいのではないか。PCでAmazonとか見るとけっこう巨大にジャケット表示できるのでそこでやっと気づくようなレベル。スマホで完結しているリスナーには分かりにくい仕掛けなのは間違いなく、ジャケットにこだわっても小さすぎてほぼほぼ無駄になるというこの辺りも配信の弱点だなと思った。
★★★☆☆

Whenever You Call/嵐

2020年9月18日
配信限定
初登場1位 売上8.4万DL

2ヶ月ぶり、6作目(EP含めて7作目)の配信限定シングル。
オリジナル曲としては「Turning Up」、「IN THE SUMMER」に続く3曲目。

世界的アーティストであるブルーノ・マーズが楽曲制作およびプロデュースを手掛けたとして9月9日に大々的に告知された。
配信開始より前の15日にアルバム『This is 嵐』の発売が告知され、これまでの配信曲の収録予定も公開されたが、今作の収録は告知されていない(発売前なので意図的に掲載していないだけで収録予定と思われる)。

Whenever You Call

Written by Bruno Mars,D’Mile
Produced by Bruno Mars,D’Mile

洋楽大物提供あるあるの○○提供!と有名な1人の名前だけで宣伝されるが実際には共同作家がいるというパターン(J-FRIENDSにマイケル・ジャクソンやボン・ジョヴィが提供した時は本当に単独提供だったが、SMAPにエリック・クラプトンが!となった時はクラプトン単独作詞の歌詞を竹内まりやが日本語詞にしてしまったので、クラプトン関与は作曲だけになってしまったが作曲は実は共作だった)。

ブルーノ・マーズの場合は元からコライトと呼ばれる楽曲制作が基本で、世界的なサブスク傾向により恐らくクレジットを見る機会がさらに激減していてブルーノ・マーズは作詞作曲をしているのでそのまま1人で曲を書いているように思われているようだが、実際には毎回大量の作家と共作名義になっているようで、Bruno Marsの後に3~4人ズラズラ並んでいるのは当たり前、7~8人ゾロゾロ並んでいる事もあるという。なので今作の共作がD’Mileだけというのはむしろ少ない方のようだ。

オレセカ路線では英語詞を多用してきたが今回はついに海外アーティストから提供されたそのままの全英語詞となっている。一応年内で活動休止するという背景を踏まえた上でBruno Mars(とD’Mile)が歌詞を書いてくれたらしいが、休止へ向けてのメッセージを読み解くにはファンに翻訳能力が求められるという日本のファンにはドSな仕様で、例によって翻訳した上で解説するファンブログが多数出現した。配信解禁=インターネット本格解禁=俺たち世界に進出してるぜ!と盛り上がれるくらいなので、英語詞で出しても日本ではファンの翻訳がインターネットで広がって盛り上がってるぜ!サンキューベイベー!とポジティブシンキンなのかもしれない。

個人的にブルーノ・マーズを長年ブルー・ノマーズだと思っていたくらい曖昧な印象でしかなかったがなんとなく世界トレンドな人だというのと曲を聞けばブルーノ感あるというか、こんなノマーズってる感じの洋楽は流行りの曲として何年も前からかかっていたような印象はあった。嵐の新たな魅力を引き出したというよりかはブルーノ・マーズの世界観の中で嵐が歌ったら?というIFを本気で実現してしまったようなそんな1作で、果たしてそんな1作を喜ぶファンがどれほどいるかは怪しいところ。実際セカオワ路線に否定的なファンも一定数いるようで、これもありだと言っているのはほぼ間違いなく洋楽まで幅広く聞いている許容範囲の広いリスナーばかりで、容易に予想できたような分断っぷり。

正直なところ、王道の嵐はもう10年くらいマンネリモードで堅持されていたので新しい方向性はとても新鮮ではあるが、セカオワやりつつ王道に戻ってくるからいいのであって、セカオワ行きっぱなしに近いこの休止前最後の1年は終わりが見えているのにオレセカに進み続けるというよく分からない事になっていて複雑ではあった。この曲もいいにはいいけど、別に嵐で聞かなくてもいいかなとはどうしても思ってしまう。
★★★☆☆

Whenever You Call

2020/09/18 ¥255

turn over?/Mr.Children

2020年9月16日
配信限定
初登場2位 売上6.8万DL

半年ぶりの新曲。
ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』主題歌となる事が1ヶ月ほど前に発表されていたが、放送初回当日になって初回放送後0時より配信開始と告知された。

10月になって12月2日のニューアルバム発売が告知され、今作も収録されてCD化することが判明した。

「turn over?/Mr.Children」の続きを読む…

Gravity/BUMP OF CHICKEN

2020年9月10日
配信限定
初登場1位 売上4.4万DL

19年3月以来の配信シングル。新作自体が19年7月のアルバム『aurora arc』以来。

9月10日0時に告知即配信となった。同時に11月のライブBD/DVD発売も告知された。

また10日後の9月20日は「ダイヤモンド」でのメジャーデビューから20周年となる。

発売直後にベース直井が過去に結婚を隠して不倫していた事を相手女性がセンテンス・スプリングに売りつけて報道され(文春側は特にBUMPメンバーをマークしていたわけではなく完全に相手女性による持ち込みネタ)、直井が結婚していた事と隠して不倫していた事が同時に暴かれる事態となった。18日には即座に結婚を認め謝罪する事態となったが、当初は活動継続の意向を示していた。しかし事態は収拾せずに25日にメンバー3人による改めてのファンへの謝罪文と直井に活動休止を提示したとする文書を発表し、直井が活動休止となった。

そして29日には11月発売のシングルCDが「アカシア/Gravity」となり、今作がCD化される事と、「アカシア」も先行配信されることが発表された。

というわけで今作も実質シングルCDの先行配信であった(「アカシア」はCD待ちでDL予定なし)。

「Gravity/BUMP OF CHICKEN」の続きを読む…