YOU (with 小田和正)/HIROBA

19年4月17日
初登場20位 売上0.3万枚

YOU (with小田和正)(通常盤)(特典なし)

いきものがかり水野良樹のソロプロジェクト。音楽だけにとどまらず様々な人との対談エッセイ執筆なども行う水野良樹のソロでの発表の場として新たに設立された。要するに音楽活動だけに留まらないプロジェクトのようだが、今作が音楽作品としては第1弾となり、小田和正を迎えての楽曲となっている。

初回盤はレコーディングドキュメントと対談を収録したDVD付。

「YOU (with 小田和正)/HIROBA」の続きを読む…

イチリンソウ/山本彩

2019年4月17日
初登場3位 売上3.6万枚

イチリンソウ(通常盤)

NMB48卒業後最初のシングル。NMB48在籍中に2枚のアルバムをリリースしているがシングルは今作が初。

FC限定盤はMVと元旦発表断髪写真メイキング映像を収録したDVD付。
初回盤はMVと今作制作のメイキング映像を収録したDVD付。
通常盤はC/Wが1曲多い。
「イチリンソウ/山本彩」の続きを読む…

意志/HKT48

19年4月10日
Type-A
初登場1位 売上29.8万枚

【Amazon.co.jp限定】意志(TYPE-A)(DVD付)【特典:オリジナル生写真付き】

11ヶ月ぶりのシングル。概ね半年ペースだったが1年近く放置されたのは最長ブランクとなった。
AKB48で卒業センター&ソロ曲まで用意されていた卒業を発表している指原莉乃の本当の最終参加作品

IZ*ONEに専任となった宮脇咲良と矢吹奈子は不参加。

A,B,C,劇場盤の4種発売。C/W3曲目及びA~Cは2曲目のMV、特典映像が異なる。 「意志/HKT48」の続きを読む…

マスターピース/まばたき /SCANDAL

2019年3月27日
初登場7位 売上1.4万枚

マスターピース / まばたき(通常盤)(特典なし)

16年7月以来のCDシングル(配信でも17年10月以来、アルバム含めて18年2月以来1年1ヵ月ぶりの新作)。自主レーベル「her」を立ち上げての第1弾作品。販売元はビクターで品番もビクターのもの。デビュー以来所属していたEPICを離れ、実質的にはビクターへ移籍した。これはかつてソニーから離れて自主レーベルを立ち上げたが結局ビクター流通となっているORANGE RANGEと同じような状況と思われる。

当初herレーベルサイトが新たに立ち上げられて事実上の新公式サイトとなり、公式サイトが放置されていたが(herへのリンクが貼られるのみ)今作発売に合わせて公式サイトも現仕様に変更された。

初回盤Aは雑誌「”her” Magazine」付属。
初回盤Bはジャケット写真プリントTシャツ(Lサイズ)付属。
通常盤は3曲目に「マスターピース (Instrumental)」追加収録。
「マスターピース/まばたき /SCANDAL」の続きを読む…

キュン/日向坂46

2019年3月27日
Type-A,B,C,通常盤
初登場1位 売上61.5万枚
初登場7位 売上1.8万DL(「キュン」単曲)
Special Edition 初登場2位 売上0.8万DL(アルバム扱い)
(合算アルバムチャート初登場12位 累計0.9万P)

キュン (Special Edition)

けやき坂46の昨年のアルバムに続く単独シングルデビュー作品。これに伴い日向坂46改名して完全に独立、別グループとなった。シングルデビューは既にメンバーにも知らされて今作のレコーディング等が進められていたようだが、改名は知らされておらず、単独デビュー発表の場でサプライズで発表されたため、メンバーも驚愕していた。また出演メンバー以外のメンバーも同時刻に知らされた。

坂道オーディションでけやき坂46唯一の3期生として加入した上村ひなのは前月の欅坂46『黒い羊」C/Wでのけやき坂46名義最後の2曲には不参加で特典映像のみの参加だったため、今作が楽曲初参加。同じオーディションで合格した乃木坂4期、欅坂2期よりも早い最速での楽曲デビューとなった。ただし「JOYFUL LOVE」は加入前後の頃の曲で不参加、他はユニット曲、1期生曲、2期生曲なので全員参加の「キュン」「ときめき草」の2曲に参加している。

学業のため休業している影山優佳は不参加。大学受験が理由だが4月から高校3年生なのであと1年は休業したままと思われる。

3曲目と特典映像が異なる3種+通常盤の4種発売。配信限定で全曲網羅したComplete Editionも発売。
乃木坂46、欅坂46に続いてA~CはDVDではなくBlu-ray付での発売。

全国握手会で売上が伸びた影響と低レベル週が重なり、6週目に1.8万枚で再度1位に返り咲いた。平成で1位になった曲が令和で1位になる事は配信はともかくCDシングルランキングでは恐らく唯一の記録になるものと思われる。

発売直後から柿崎芽実が体調不良で番組や握手会を欠席するようになり、徐々に行方不明になりつつあったが、案の定メンタル面を理由として6月に卒業を発表。今作が最終参加作となった。

「キュン/日向坂46」の続きを読む…