Who I Am/miwa

2020年3月20日
配信限定

Who I Am

前作からわずか12日で配信された。前作は昨年夏からCMで使用されていた未発売曲だったが、今作に関しては“miwa最新楽曲!”と銘打たれて発売され、書き下ろしの新曲を強調している。とはいえやはり出産前に制作していたストックのようでTwitterでは”昨年LAで制作”と紹介されていた。昨年LAで制作した曲が最新なのであればやはり年明け以降は活動せずに産休したままステイホームになっていると思われる(4月にリモートTV出演はした)。

同時にこれまでのMVフル尺が10周年記念でYou Tubeで一斉公開された。




Who I Am

作詞作曲はmiwa・her0ism・Tova Litvinと共作名義でこれは2017年のシングル「We are the light」と同じ。作風もこれや「ヒカリヘ」などの延長にあるようなエレクトロ系サウンドに、ハイキック以降の強めのイメージの延長にある力強い歌詞を乗せた感じ。再起ではなく再輝という意味での”さいき”の曲であるとも説明されている。リスナーを鼓舞するようでもあるが、ここまでのキャリア、特に作曲が共作まみれになった後半は正直常に厳しそうというかギリギリでタイアップに応えてリリースし続けていたような感じからするとこれを機に自身へ言い聞かせているようにも聞こえる。
★★★☆☆

Who I Am
Who I Am

posted with amachazl
miwa
Sony Music Labels Inc. (2020-03-20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*