Route 246/乃木坂46

2020年7月24日
配信限定
初登場4位 売上6.9万DL

2ヵ月ぶり2連続の配信シングル。

作編曲を小室哲哉が担当、引退していた小室哲哉の2年ぶりの音楽復帰作。秋元康の熱烈なオファーを受けてようやく快諾したとされている。

小室復帰を最大のプロモーションとして、発表と同時に大きな話題となり、「乃木坂46のオールナイトニッポン」では小室曲特集を組み、You TubeではすぐにMVを上げずにティザー映像から上げるなど、期待を煽るプロモーションが繰り広げられた。これにより前作のDL数を初動だけであっさり突破した。なおこの後の欅坂46のラストシングルは今作の初動をわずかに上回った。

MVは結局You Tubeで公開されることなく、9月発売のMV集に収録されることが決定した。

斎藤飛鳥がセンター。選抜メンバーは下記18名とされる。

秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、高山一実、星野みなみ、松村沙友里、堀未央奈、新内眞衣、北野日奈子、大園桃子、与田祐希、岩本蓮加、 梅澤美波、山下美月、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめ

番組等では選抜メンバーやフォーメーションが紹介されたものの、公式のニュースでは選抜メンバー発表は1度もされなかった(CDが無いのでブックレットも無く、You Tubeのティザー映像の説明欄にも表記が無く、公式プロフィールの「選抜メンバー」ソートでも前作シングルCDのままになっている)。各種記事でも主に小室提供というのが1番の扱いで、参加メンバーはおざなりで斎藤飛鳥がセンターである旨の記載が中心となっていた。




Route 246

小室哲哉へは1年間依頼し続けて WOW WOW WOW WOW
ようやく快諾してもらったという WOW WOW WOW WOW
しかし友人の期待に応えたい一心WOW WOW WOW WOW
曲作りをした小室に対して WOW WOW WOW WOW
ブランクがあって思うように書けないようだなどと言って WOW WOW WOW WOW
結局7回も書き直しさせたという秋元康は WOW WOW WOW WOW
そんな渾身の1曲に対して WOW WOW WOW WOW
サビのメロディーの後半を全部 WOW WOW WOW WOW
ウォウウォウで埋め尽くすという WOW WOW WOW WOW
手抜き錬金術を発動 WOW WOW WOW WOW
TRFやH Jungle with tもビックリの WOW WOW WOW WOW
ウォウウォウ言いまくりな楽曲となった WOW WOW WOW WOW

小室らしい曲というオファーに関してもどうもこれは具体的に WOW WOW WOW WOW
globeの「Feel like dance」を突き付けながら WOW WOW WOW WOW
こういうのを書いてくれと迫ったのではないか WOW WOW WOW WOW
そんな風に思えるほど「Feel like dance」感が漂う WOW WOW WOW WOW

そんなわけで90年代全開であるのだが… WOW WOW WOW WOW
小室哲哉は2000~2018年までも楽曲を作り続けていたわけで WOW WOW WOW WOW
結局20年以上前のあの時代の楽曲を求められて WOW WOW WOW WOW
素直に応えたのは丸くなったなとも思う WOW WOW WOW WOW

というのも00年頃自ら一連のヒット曲を否定するかのように振り切って WOW WOW WOW WOW
ガラッと路線変更して次の時代の最先端へ行こうとしていた WOW WOW WOW WOW
あの頃はもう以前のような曲は書かないみたいな姿勢だった WOW WOW WOW WOW

まあ逮捕からの復帰以降は WOW WOW WOW WOW
あの頃に立ち返ってのヒットを出そうにも出せない WOW WOW WOW WOW
そんな苦悩もあって WOW WOW WOW WOW
疲れ果てての引退宣言だったとも思えるが WOW WOW WOW WOW
ここまで開き直って昔みたいな曲を書いてきたのであれば WOW WOW WOW WOW
それは以前よりさらに吹っ切れたという事でもあるかのかもしれない WOW WOW WOW WOW

で、まあ曲としてはかっこいいし小室っぽいし WOW WOW WOW WOW
過剰なウォウウォウ連呼でとにかく耳には残る WOW WOW WOW WOW
現にこんな無駄に読みにくい感想にするほどのインパクトではある WOW WOW WOW WOW
さすが策士家秋元康 WOW WOW WOW WOW
手抜きに見せかけてというか手抜きしながらも WOW WOW WOW WOW
ある意味最高の歌詞で小室っぽさを最大限にアシストしてきた WOW WOW WOW WOW
立て続けに浜崎あゆみへも提供されたが WOW WOW WOW WOW
話題性も含めてこれが1発目だったというのは WOW WOW WOW WOW
小室哲哉にとっても最高の復帰作になったのではないか WOW WOW WOW WOW

なお90年代小室哲哉というのは高音を生かした曲が多かった WOW WOW WOW WOW
このため乃木坂46のユニゾンであっても線の細い歌声では WOW WOW WOW WOW
どうにもあの頃の小室っぽさを完全再現までは行かない WOW WOW WOW WOW
そんな弱点もあると思う WOW WOW WOW WOW
しかしこれもウォウウォウ連発というインパクトでもって相殺 WOW WOW WOW WOW
そうこの曲の8割は小室サウンドとかではなく WOW WOW WOW WOW
WOW WOW WOW WOWで出来ている WOW WOW WOW WOW
といっても過言ではない WOW WOW WOW WOW
本人に作詞させたらさすがにこんな事はしないだろう WOW WOW WOW WOW
もしかしたら今後これを越えるインパクトの曲は WOW WOW WOW WOW
生まれないかもしれない WOW WOW WOW WOW
また秋元康はこの手の歌詞を書く際に WOW WOW WOW WOW
字面のダサいカタカナ表記をあえて多用する事がある WOW WOW WOW WOW
例えば「シンクロニシティ」 WOW WOW WOW WOW
あれは”Keep Going WOW WOW WOW WOW WOW WOW”ではない WOW WOW WOW WOW
“キープゴーイング(ウォウ…)”WOW WOW WOW WOW
カッコ扱いのウォウ1つだけというテキトーぶりだった WOW WOW WOW WOW
しかし小室曲ではしっかり英字で歌唱通りの表記 WOW WOW WOW WOW
策士家、やはりとんでもない策士家WOW WOW WOW WOW

ところでRoute 246と歌詞には何の繋がりも見出せない WOW WOW WOW WOW
何故この曲はRoute 246なのだろうか WOW WOW WOW WOW

冒頭“夜を走り抜けてくヘッドライトの残像”というフレーズはある WOW WOW WOW WOW
しかし別に国道246号の風景は一切描かれていない WOW WOW WOW WOW
しかも最後の方の WOW WOW WOW WOW連発の歌詞の中では WOW WOW WOW WOW
“歩きながら”と歩いていたことが判明する WOW WOW WOW WOW
とりあえず国道246号を移動中に何か誓い言をしたらしい WOW WOW WOW WOW
それを国道246号を歩きながら思い出している そんなラストらしい WOW WOW WOW WOW
しかしすぐWOW WOWしてばかりで具体性に欠けるため WOW WOW WOW WOW
…やはりよく分からない WOW WOW WOW WOW

あとWOWの数の謎 WOW WOW WOW WOW
実際の歌唱はWOW4つ WOW WOW WOW WOW
歌詞サイト・配信サイトで歌詞が表示できるところもWOW4つ WOW WOW WOW WOW
つまり公式にWOW4つと思われる WOW WOW WOW WOW
しかしFNS歌謡祭では全部WOW3つ表示にされていた WOW WOW WOW
FNSのミスだったのだろうか? WOW WOW WOW WOW
FNSテキトーすぎない? WOW WOW WOW WOW

(追記)と思っていたら WOW WOW WOW WOW
9月12日の日テレ「THE MUSIC DAY」でも全部WOW3つ表示だった WOW WOW WOW
これ以前のTV出演を見逃していたので WOW WOW WOW WOW
You Tubeで適当に検索してみたところ WOW WOW WOW WOW
TBSの「CDTV ライブ!ライブ!」はWOW4つ WOW WOW WOW WOW
フジの「HEY! HEY! NEO」はWOW3つだった WOW WOW WOW
なお当然冠番組「乃木坂工事中」ではWOW4つであった WOW WOW WOW WOW
やはり公式はWOW4つのはずだだが… WOW WOW WOW WOW
フジと日テレにはWOW3つで提出してんの? WOW WOW WOW
★★★★☆ W☆W W☆W W☆W W☆W


ティザー映像と称して公開したはいいが本MVは非公開のまま WOW WOW WOW WOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*