Living in the city/SCANDAL

2020年6月3日
配信限定

2月のアルバム以来の新曲。配信シングルとしては19年11月以来。




Living in the city

今回は初のデモ曲配信と銘打たれていて、ベースTOMOMIが作詞作曲編曲を1人で担当(編曲はTOMOMI,Shun Marunoの共同名義)。元々2月のアルバム制作時にはあったが、今回このタイミングで出すのがいいという事になって、宅録を駆使して作ったようなのでTOMOMIが基本アレンジを概ね作って歌ってそこにメンバーがそれぞれ自宅で録音した音を加えて完成させた…があくまで自宅録音の音源なのでデモ音源扱いという事か。

MAMIは1人で普段から編曲しているくらいなので自宅での制作環境、ギターの録音環境もそれなりに整っているはずでMAMIのギターは確実にガッツリ使用されているものと思われるが、TOMOMIが歌っているだけにHARUNAがどこまでギター弾いているかはよく分からない。またRINAの自宅にドラムを演奏して録音までできるような環境があるともあまり思えないし、ドラムは打ち込みっぽい音色だ。MVは全員リモートで参加しているのと、間奏でメンバー同士の電話の話し声が入っているのでひとまず全員リモートで参加しました感は漂っているものの、曲自体はやはりいつもとは大幅に違う感じではある。何より最近ほとんどTOMOMIは歌わないし曲も詞も書いていなかったので、作詞作曲編曲メインボーカルというだけでけっこう違うバンドに聞こえてくる。

何気ない東京での日々を綴った歌詞も個人的っぽい話も含まれているが、自粛下の中では何か特別な響きを持ってくるのも確かで、アルバムの段階では作品化されず(実際入ってもアルバム未収録のC/Wというポジションの曲だと思う)、世界が変わってしまってこういう形で出た事にも納得。
★★★☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*