夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46

2019年9月4日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上114.3万枚
初登場11位 売上2.5万DL(単曲)
初登場1位 売上0.8万DL(Special Edition)

夜明けまで強がらなくてもいい (Special Edition)

9月1日のツアーFINALで卒業したキャプテン桜井玲香は発売時点で既に卒業済みとなるが、今作を最終参加作品として全面参加し、ソロ曲も歌っている。

井上小百合、大園桃子は休業により不参加

井上小百合は舞台のスケジュールの都合からツアー欠席を先に発表していたが、さらに今作も不参加に決定。そして10月5日に卒業を発表し、ここ最近の休業は卒業へ向けての準備だったと表明。既に次の舞台出演も発表されている状況だが2020年春頃に卒業としている。

大園桃子は体調不良によりツアー欠席と今作不参加を発表していた。

共に完全な休業ではなく、井上は舞台活動、大園はレギュラーラジオへの出演は継続していた。また共にツアーFINALとなる桜井玲香の卒業ライブには参加し、現メンバー全員が揃った。

例によって配信限定Special Editionは全曲収録。

「夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46」の続きを読む…

Sing Out!/乃木坂46

2019年5月29日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上120.0万枚
初登場5位 売上2.3万DL(Sing Out!単曲)
初登場1位 売上0.7万DL(Special Edition、アルバム)

Sing Out! (Special Edition)

例によって5種でC/W3曲目が異なる。Blu-rayはA~Dで2曲目のMVと特典映像が異なる。DVDでの発売は無い。
配信限定Special Editionは1週間前先行配信で全曲を網羅した内容。

今作のBlu-rayではAACSのバージョンが上げられているらしく(v70)、対応できない古い再生ソフトでは更新するか、最悪エラーが出て再生することができない模様。

山下美月は全面不参加。ドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』に出演中だが、体調面から両立困難として今作の活動は休止すると発表した。

卒業を発表している斉藤優里、伊藤かりんの2名は全面不参加だが、発売時点ではまだ在籍はしていた。

7月8日にキャプテン桜井玲香が卒業を発表9月1日のツアー最終日が最後とされ、次のシングルは直後の9月4日発売が発表されているため、今作が卒業前最終作となるはずが、何故か卒業後の9月4日発売シングルの選抜にも選ばれていて参加することが判明している。

「Sing Out!/乃木坂46」の続きを読む…

帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46

2018年11月14日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上136.9万枚
初登場9位 売上6.6万DL

帰り道は遠回りしたくなる (Special Edition)

9月20日に卒業を発表した西野七瀬、10月1日の卒業を発表した若月佑美、11月22日に卒業を発表した川後陽菜の最終参加シングル。

西野七瀬は年内一杯とされているが、卒業コンサートのみ年明けに行うとしており、後に2月24日の京セラドームでのバースデーライブ4daysの最終日が卒業コンサートとなる事が発表された(最初の3日間は出演せず卒コンのみ)。

若月佑美は11月30日卒業と発表されたが12月4日に日本武道館で卒業セレモニーを行う事が後から発表された(この期間に卒業を発表した4人の中で最速の活動終了)。また年末より前に卒業したい(年末歌番組や年越しを一緒に過ごすと別れが辛くなるので)という意向でかなり卒業を急いだためか、収録済みの冠番組への出演がもう少し後までしれっと続いた。

発売後の11月22日に卒業を発表した川後陽菜は12月20日のアンダーライブを持って卒業するとされている。今作のアンダー曲には参加しており、「日常」が最終参加曲となった。なおアンダーライブの第1回から全てに参加しているのは川後のみだった(1期生は最初期に辞めてしまった一部メンバーを除き全員が1度は選抜入りしているが川後の選抜入りはアンダーライブ開始以前だったため)。

能條愛未は西野・若月の2人より後の10月5日に卒業を発表し、12月15日卒業とされているが4人の中で唯一今作には既に不参加で前作が最終参加作となった。参加曲が無く、当然アンダーライブも不参加で冠番組にも出演しなくなったため、実質的に前作の握手会の消化を残すのみといった状況。

Type-A~DがDVDではなくBlu-rayに切り替わり、いきなりDVDでの発売が無くなった。画質向上となったが、収録時間は40~70分弱程度となっていて、容量はさほど生かされていない。むしろ個人PVが選抜だけになり、以前よりグレードダウンしている。

「帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46」の続きを読む…

シンクロニシティ/乃木坂46

2018年4月18日(配信)
2018年4月25日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場4位 売上9.4万DL(シンクロニシティ)
初登場18位 売上0.5万DL(Against)
初登場1位 売上131.6万枚

シンクロニシティ (Special Edition)

DVD付4種+通常盤の5パターン複数商法。5種全てのCD3曲目が異なる。DVDは表題曲MV以外の内容が全て異なる。

A~Cの特典映像の「旅する3人」は「シンクロニシティ」選抜メンバー3人ずつが全国各地を旅する内容。この旅で購入された現地の名物は3月に行われた46時間テレビの昼食争奪コーナーにて登場しており、この際に特典映像がこれであることも明かされていた。

Dの特典映像のみ異なり、3期生の個人PVとなっている。個人PVは1年ぶりだが、全員ではなく3期生のみという変則的な形となった。

配信では恒例の全曲セットSpecial Editionにて1週間前に配信開始。moraではSpecial Editionはアルバム扱いでもランクインしているが、O社ではアルバム扱いは無いようで単曲でのランクインのみ。「シンクロニシティ」だけでなく、生駒の卒業曲扱いになる1期生によるC/W「Against」が初登場18位となり1週だけトップ30入りした。

生駒里奈の最終参加シングル。3月31日付で卒業した川村真洋は不参加(前作およびアンダーアルバムが最終参加作品)。生駒は4月22日に日本武道館で卒業コンサートを行い、5月6日の握手会にて卒業した。

CD売上では猛烈な勢いで初の初動ミリオンを突破。AKB48「ジャーバージャー」を上回り、O社売上においてついにAKB48越えを果たした(ただし次のAKB48は総選挙なのでここだけは抜かれる見込み)。

ミリオンの要とされる個別握手会(別サイトで通常盤を予約購入するやつ)は既に白石や西野らトップメンバーの握手会は免除、生駒は卒業につき不参加、北野休業中、その他多忙なメンバー複数人が日程削減となっており、40名を割り込む人数で握手会を行っている。AKB48は48グループ全メンバー350名以上で握手を行っているため、実態としてはとっくに抜いていたのではないかという説もある。

「シンクロニシティ/乃木坂46」の続きを読む…

LAST NUMBER (feat.中元日芽香(乃木坂46))/RADIO FISH

2017年11月8日
配信限定

LAST NUMBER (feat.中元日芽香(乃木坂46))

NHKラジオ第1「らじらー!サンデー」の奇数週レギュラーとしてオリエンタルラジオと共演している中元日芽香が乃木坂46卒業に伴い、番組も芸能界も卒業するに辺り、オリエンタルラジオ側からオファーをしてRADIO FISHとコラボという扱いで緊急制作された。

中元日芽香の乃木坂46における最終作品はシングル『逃げ水』のアンダー曲「アンダー」が最後となっており、その次のシングルである「いつかできるから今日できる」には参加していない。このため変則的ではあるが、今作が乃木坂46の中元日芽香の最終参加楽曲となる…かに思われたが18年1月のアンダーアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』にソロ曲が収録されることが後に判明し、そちらが最終参加曲となった。 「LAST NUMBER (feat.中元日芽香(乃木坂46))/RADIO FISH」の続きを読む…

いつかできるから今日できる/乃木坂46

2017年10月11日
Type-A,B,C,D,通常盤
初登場1位 売上110.7万枚

いつかできるから今日できる(Type A)(DVD付) いつかできるから今日できる(Type B)(DVD付) いつかできるから今日できる(Type C)(DVD付) いつかできるから今日できる(Type D)(DVD付) いつかできるから今日できる(通常盤)

1,2曲目は共通、3曲目が5種全て異なる。
A~DのDVDには1,3曲目のMVと「あさひなぐ」関連のドキュメントが起・承・転・結の4分割で収録されている。

タイアップ先映画の公開に合わせて前作から2ヵ月という過去最短の間隔でのリリース。
映画『あさひなぐ』のプロモーションが開始されていたため、前作発売前から既に曲名が明らかになり、ツアー途中の8月からはライブでも披露されていた。

今作発売直前に伊藤万理華が卒業を発表したため、伊藤万理華の最終参加作
また前作発売後に年内卒業を発表した中元日芽香は今作には既に参加していない
中元に続いて前作アンダー曲「アンダー」の呪縛により体調不良でライブやイベントへの欠席が続いていた北野日奈子はジャケット及び今作では選抜メンバーとなった表題曲「いつかできるから今日できる」には参加しているものの、発売後のTV出演やその後のアンダーライブ九州公演(前作仕様なので北野はアンダー)も連続欠席となった。アンダーツアー終盤と東京ドーム公演にはなんとか参加したものの、その後1年前から体調不良で良くならない(悪化した)事を理由に休養が発表された 「いつかできるから今日できる/乃木坂46」の続きを読む…

インフルエンサー/乃木坂46 個人PV

2作連続でドキュメント系の特典映像が続いたので、個人PVの収録は1年ぶりとなった。
いつも通りにあいうえお順+4種に振り分け、加えて3期生はその後に割り振られている。
3期生にとっては初の個人PV。
2期生はセット扱いが続いたがこちらでもその反省を生かしているようだ。

「インフルエンサー/乃木坂46 個人PV」の続きを読む…