Whenever You Call/嵐

2020年9月18日
配信限定
初登場1位 売上8.4万DL

2ヶ月ぶり、6作目(EP含めて7作目)の配信限定シングル。
オリジナル曲としては「Turning Up」、「IN THE SUMMER」に続く3曲目。

世界的アーティストであるブルーノ・マーズが楽曲制作およびプロデュースを手掛けたとして9月9日に大々的に告知された。
配信開始より前の15日にアルバム『This is 嵐』の発売が告知され、これまでの配信曲の収録予定も公開されたが、今作の収録は告知されていない(発売前なので意図的に掲載していないだけで収録予定と思われる)。

Whenever You Call

Written by Bruno Mars,D’Mile
Produced by Bruno Mars,D’Mile

洋楽大物提供あるあるの○○提供!と有名な1人の名前だけで宣伝されるが実際には共同作家がいるというパターン(J-FRIENDSにマイケル・ジャクソンやボン・ジョヴィが提供した時は本当に単独提供だったが、SMAPにエリック・クラプトンが!となった時はクラプトン単独作詞の歌詞を竹内まりやが日本語詞にしてしまったので、クラプトン関与は作曲だけになってしまったが作曲は実は共作だった)。

ブルーノ・マーズの場合は元からコライトと呼ばれる楽曲制作が基本で、世界的なサブスク傾向により恐らくクレジットを見る機会がさらに激減していてブルーノ・マーズは作詞作曲をしているのでそのまま1人で曲を書いているように思われているようだが、実際には毎回大量の作家と共作名義になっているようで、Bruno Marsの後に3~4人ズラズラ並んでいるのは当たり前、7~8人ゾロゾロ並んでいる事もあるという。なので今作の共作がD’Mileだけというのはむしろ少ない方のようだ。

オレセカ路線では英語詞を多用してきたが今回はついに海外アーティストから提供されたそのままの全英語詞となっている。一応年内で活動休止するという背景を踏まえた上でBruno Mars(とD’Mile)が歌詞を書いてくれたらしいが、休止へ向けてのメッセージを読み解くにはファンに翻訳能力が求められるという日本のファンにはドSな仕様で、例によって翻訳した上で解説するファンブログが多数出現した。配信解禁=インターネット本格解禁=俺たち世界に進出してるぜ!と盛り上がれるくらいなので、英語詞で出しても日本ではファンの翻訳がインターネットで広がって盛り上がってるぜ!サンキューベイベー!とポジティブシンキンなのかもしれない。

個人的にブルーノ・マーズを長年ブルー・ノマーズだと思っていたくらい曖昧な印象でしかなかったがなんとなく世界トレンドな人だというのと曲を聞けばブルーノ感あるというか、こんなノマーズってる感じの洋楽は流行りの曲として何年も前からかかっていたような印象はあった。嵐の新たな魅力を引き出したというよりかはブルーノ・マーズの世界観の中で嵐が歌ったら?というIFを本気で実現してしまったようなそんな1作で、果たしてそんな1作を喜ぶファンがどれほどいるかは怪しいところ。実際セカオワ路線に否定的なファンも一定数いるようで、これもありだと言っているのはほぼ間違いなく洋楽まで幅広く聞いている許容範囲の広いリスナーばかりで、容易に予想できたような分断っぷり。

正直なところ、王道の嵐はもう10年くらいマンネリモードで堅持されていたので新しい方向性はとても新鮮ではあるが、セカオワやりつつ王道に戻ってくるからいいのであって、セカオワ行きっぱなしに近いこの休止前最後の1年は終わりが見えているのにオレセカに進み続けるというよく分からない事になっていて複雑ではあった。この曲もいいにはいいけど、別に嵐で聞かなくてもいいかなとはどうしても思ってしまう。
★★★☆☆

Whenever You Call

2020/09/18 ¥255

カイト/嵐

2020年7月29日
初登場1位 売上114.5万枚

B08B63HNXV

9ヶ月ぶりのCDシングル。

初回盤は「カイト」1曲のみ(カラオケもなし)+「カイト」ビデオ・クリップ&メイキング収録のBlu-ray付、DVD付の2種。LPサイズジャケット仕様。
通常盤はC/W3曲+Instrumental(カラオケ)4曲収録。
FC限定盤は「カイト」1曲のみ(カラオケもなし)で56P上製本スペシャル仕様。

休止発表前は初動30万台、累計40万台まで徐々に下がっていたが、Blu-ray付を初導入した前作では初動60万台、累計70万台まで回復、今作は初日だけで前作初動程度の数字を叩きだすと自身最高初動となり「A・RA・SHI」に続く2番ヒットを記録した。4週目に自身最高売上を突破5週目に自身初のミリオンを達成した(ただし5週目はFC限定盤が遅れてカウントされたのか不自然に枚数が上乗せされた)。

現時点でシングル表題曲とアルバム(つまりC/W以外)は配信解禁となっていたが、今作はCDのみとなっていて配信されていない。

嵐の公式You Tubeでも配信されていないが、NHKのチャンネルで「NHK2020ソング 「カイト」 スペシャルムービー」として2019年の紅白で流した映像を制限付で公開されている(You Tube動画の埋め込み機能を制限していて埋め込んで動画を貼ってもYou Tubeに直接アクセスしないと再生できないようになっている)

「カイト/嵐」の続きを読む…

IN THE SUMMER/嵐

2020年7月24日
配信限定
初登場1位 売上7.2万DL

5作目の配信シングルだが(EP含めて6作目)、リミックス、Rebornシリーズを除くと配信での純粋な新曲は「Turning Up」以来2作目となる。

なお当初6月に配信予定だった配信での2曲目の新曲「Party Starters」はアメリカでの黒人差別に対する抗議デモの深刻化の影響で延期としたまま放置されており、今作が先に出る事となった。

既に7月29日にシングルCD「カイト」発売が控えている中で、突如21日に発売を告知3日後の24日に配信開始された。米津、三浦春馬、乃木坂46を抑えての初登場1位を記録したが、2週目は3者に逆転され8位まで後退した。

「IN THE SUMMER/嵐」の続きを読む…

Reborn Vol.1/嵐

2020年2月28日
配信限定EP
初登場3位 売上2.6万DL(One Love:Reborn)
初登場4位 売上2.4万DL(a Day in Our Life:Reborn)

19年12月に配信限定でリリースした「A-RA-SHI:Reborn」に「a Day in Our Life:Reborn」、「One Love:Reborn」を追加して3曲入りEPとしてまとめたもの。

1曲250円だがまとめてDLすると600~700円台(サイトによって異なる)ため、「A-RA-SHI:Reborn」を先に購入していた場合は「a Day in Our Life:Reborn」、「One Love:Reborn」をそれぞれ単曲で500円で購入した方が安くなる

これに伴いO社配信チャートでは単曲ランキングで「a Day in Our Life:Reborn」、「One Love:Reborn」がランクインし、「A-RA-SHI:Reborn」が再浮上するもアルバムランキング(まとめ買い)では30位圏外となった。

なお筆者は「A-RA-SHI:Reborn」を先にDLしていたにも関わらず何も考えずに面倒なのでそのまままとめDLをクリックし、決済ボタンを押してからこの事実に気づいたため「A-RA-SHI:Reborn」がジャケット画像違いのみで重複し、111円ほど損した

「Reborn Vol.1/嵐」の続きを読む…

Turning Up/嵐

2019年11月3日
配信限定
初登場1位 売上17.1万DL

Turning Up

初の配信限定シングル。ストリーミングでも同時解禁。
11月3日にYou Tube公式で生配信を行い今後の活動を発表し、シングルA面全曲(矢野健太除く)の配信(DL/ストリーミング)解禁を発表。新曲である今作も19時より配信が開始された。 「Turning Up/嵐」の続きを読む…

BRAVE/嵐

2019年9月11日
初登場1位 売上71.3万枚

BRAVE (通常盤)

前作から11ヵ月ぶりでこれは20周年にして過去最高のブランク

初回盤はビデオクリップ&メイキングを収録したDVD付、Blu-ray付の2種。単独映像作品としてのBlu-ray発売は行われているが、Blu-ray付でのシングル(アルバム含む)CD発売はジャニーズ史上初となった。

通常盤はカラオケバージョンを収録。カラオケを除いて1曲しか無いのは2010年の『To be free』以来。

「BRAVE/嵐」の続きを読む…